南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2006年サッカーW杯、出場32ヶ国が決定
2006年にドイツで開催される2006 FIFAワールドカップ予選のプレーオフが11月16日までにすべて終了し、出場する32ヶ国がすべて決定した。12月6日にシード国が発表され、12月9日にドイツのライプツィヒで、本大会のグループリーグの組み合わせ抽選会が行われる。
e0065268_1353545.jpg

全出場国
ヨーロッパ(出場枠13+1<開催国>)
オランダ(2大会ぶり8度目)、ウクライナ(初出場)、ポルトガル(2大会連続4度目)、フランス(3大会連続12度目)、イタリア(12大会連続16度目)、イングランド(3大会連続12度目)、セルビア・モンテネグロ(2大会ぶり10度目)、クロアチア(3大会連続3度目)、スウェーデン(2大会連続11度目)、ポーランド(2大会連続7度目)、スペイン(8大会連続12度目)、スイス(3大会ぶり8度目)、チェコ(4大会ぶり9度目)、ドイツ(14大会連続16度目)
南米(出場枠4.5)
ブラジル(18大会連続18度目)、アルゼンチン(9大会連続14度目)、エクアドル(2大会連続2度目)、パラグアイ(3大会連続7度目)
アジア(出場枠4.5)
日本(3大会連続3度目)、韓国(6大会連続7度目)、サウジアラビア(4大会連続4度目)、イラン(2大会ぶり3度目)
北中米カリブ海(出場枠3.5)
アメリカ(5大会連続8度目)、メキシコ(4大会連続13度目)、コスタリカ(2大会連続3度目)、トリニダード・トバゴ(初出場)
アフリカ(出場枠5)
トーゴ(初出場)、ガーナ(初出場)、コートジボワール(初出場)、アンゴラ(初出場)、チュニジア(3大会連続4度目)
オセアニア(出場枠0.5)
オーストラリア(8大会ぶり2度目)


[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-20 13:05 | ★ニュース
NHK紅白司会の決定
第56回NHK紅白歌合戦」の司会者が17日発表され、タレント・みのもんた(本名:御法川法男、61)と山根基世アナ(57)に決まった。
e0065268_14411268.jpg

NHKの茂手木秀樹芸能制作センター部長は「戦後60周年の節目に、歌に対する気持ちをきちんと受け止め、プレゼンテーションする能力、年代的にもキャリア的にもふさわしい」と起用理由を説明した。

しかし、これまでは司会も出場歌手も「NHKに貢献した人」が選考基準の1つになっていた。みのは、99年に衛星第2の特番で司会を務めただけ。民放の多数のレギュラーを抱える司会者への依頼は異例中の異例だ。

かつての国民的番組も昨年は視聴率史上最低の39・3%にまで落ち込み、NHKを揺るがした一連の不祥事の舞台にもなった。「新生プラン」を掲げ再生に向かう同局にとって、これまでにできなかった人選を決行。みのもんたは秋口から候補に挙がり、10月に入って正式に打診、快諾を得た。



[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-18 14:42 | ★ニュース
サラド・ド・シェーブル・ショー(salade de chevre chaud)
温製山羊乳チーズのサラダ。
e0065268_121199.jpg

乳牛が少ないプロヴァンスでチーズといえばシェーブル。その山羊乳チーズにオリーブ油をかけてオーブンで焼き、好みでハーブや胡椒をたらしてレタスやサラダ菜、トマトを盛り合わせる。南仏では普通、トーストを別添えにし、パリのカフェではパンに載せて焼いたチーズトースト風にして食べることが多い。



[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-18 12:01 | ☆フランスの郷土料理
南西フランス特集:ロカマドゥール(Rocamadour)③ ロカマドゥールを歩く
e0065268_1143717.jpg

ロカマドゥールは、巡礼地としてより、観光地としてと人気のある場所。街には、お土産物屋とレストラン、ホテルが立ち並び、観光客で賑わっている。街の入り口には、聖域までの長い階段を歩かないで済むように有料のエレベータもある。大峡谷のくぼみに立てられた傾斜のある通り、堅固な城壁を見て歩くだけでも楽しめる。


[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-18 11:47 | ☆南フランスの旅
芸能:広末涼子(25)純愛大作を演じる
60年代に大ブームを巻き起こした純愛大作「愛と死をみつめて」をテレビ朝日がリメークドラマ化することになり、そのヒロインを広末涼子(25)が演じる。
e0065268_11334373.jpg

この作品は不治の病に侵された女子高生・みち子(ミコ)とそれを支え続けた大学生・実(まこと)(マコ)の悲恋を描いた純愛物語。原作の書簡集は大ベストセラーになり、吉永小百合と浜田光夫が共演した映画版、大空真弓と山本学が共演したドラマ版も大ヒットを記録した名作である。

42年ぶりに復活する“元祖純愛ドラマ”に草なぎ剛(31)とのコンビで挑戦する広末は「生きる素晴らしさ、愛する強さをあらためて教えられました。私自身も成長し、見てもらえる人にも命を感じてもらえるように頑張りたい」と意気込んでいる。

広末涼子は1年間の“育児休暇”を経て今年7月に芸能活動を再開。



[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-18 11:31 | ☆芸能
米SONY BMGの音楽CD、パソコンの安全を脅かす
16日の 米国版グーグルニュース科学技術面は、トップでSony DRM rootkit の話題を取り上げた。
e0065268_1114157.jpg

CNET Japanが10日に報じるところでは、この問題は米国で販売されていたSONY BMGの音楽CDに、そのCDをパソコンで再生しようとする際に利用者に通知することなく潜伏しアンインストールさせないソフトウェアをインストールするものがあったことが明るみに出た問題である。このソフトの機能は従来、危険性の高いトロイの木馬として用いられ得るもので。すでにこの機能によって引き起こされた脆弱性を利用したウィルスが発見されている。SONY BMGでは、著作権保護を目的にしたものと主張している。

続きを読む
[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-18 11:14 | ★ニュース
ジャンボ機大きくした貨物、旅客機を発表 ボーイング
航空機製造メーカー大手、米ボーイング社は15日、747─400型ジャンボ機を下敷きにした同社最大の貨物機をさらに大きくした「747─8」型機の生産を開始する、と発表した。
e0065268_15654.jpg

欧州ルクセンブルクに本拠地がある航空貨物会社などから計18機、オプション方式で追加16機の注文を受けたとの声明を発表した。公式的な契約額は約50億ドル相当だが、割引価格が提示されたのは確実とみられている。400型機より全長が5.6メートル長い。燃費効率の良い新型エンジンを搭載予定。2009年に引き渡す。

ボ社によると、旅客機用の「747─8 インターコンチネンタル」型の開発も可能としているが、航空機会社から受注があったのかどうかには触れなかった。400型機より3.6メートル長く、座席配置数は34席増えて計434席が可能となる。

これら新型の2機種は、激しい市場シェア争いを演ずる欧州エアバス・インダストリーの巨大旅客機、総2階建てのA380型機を意識したものとなっている。



[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-17 15:06 | ★ニュース
クレーム・カタラーヌ(creme catalane)
カタルーニャ風クリーム。
e0065268_10271948.jpg

クレーム・ブリュレの原型といわれるデザート菓子。卵黄、生クリーム、砂糖など材料は同じだが、こちらは粉をくわえてねっとりと仕上げる。レモンやオレンジ、シナモンで風味をつけたり、トウモロコシの粉を加えることもある。赤砂糖をかけて表面をパリッと焼くことで、さらに美味しくしあがる




[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-17 10:55 | ☆フランスの郷土料理
南西フランス特集:ロカマドゥール(Rocamadour)② ノートルダム教会
e0065268_1046298.jpg

ロカマドゥールの階段を登ると、ノートルダム教会があり、黒い聖母像が奉られている。教会の左側の階段を下ると、聖アマドゥールの遺骨をおさめた地下聖堂がある。巡礼が始まったのは12世紀。 1166年にこの場所で発見されたミイラ化した遺体が聖アマドゥールだとされてから。それ以後、この場所で奇跡が頻発し、13世紀には最も人気がある巡礼地の一つとなる。しかしながら、1476年に岩盤が崩れて教会が崩壊し、その後は宗教動乱が度重なり、この巡礼地は完全に荒廃してしまった。19世紀になって ようやく大掛かりな修復が行われた。


[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-17 10:46 | ☆南フランスの旅
ブッシュ大統領夫妻、金閣寺へ
京都――訪日したブッシュ米大統領夫妻は16日朝、首脳会談に先立ち、小泉首相と共に京都市内の金閣寺をそろって訪れた。
e0065268_10194535.jpg

またローラ夫人は京都の町屋で書道を、市内の女子校でお茶席などを体験した。

ブッシュ夫妻を乗せた車は午前8時過ぎ、金閣寺に到着し、小泉首相に出迎えられた。好天の中、大統領夫妻と首相は、金閣寺の有馬頼底住職に案内されながら、寺内や庭を見学した。

ローラ夫人はこの後、スーザン・シーファー米大使夫人と共に市内の同志社女子高校で高校生によるお茶の点前を楽しんだり、市内の町屋で色紙に筆で「永」と書いたり、様々な「日本文化体験」を楽しんだ。



[PR]
# by dcb0322 | 2005-11-17 10:20 | ★ニュース
トップ