南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
<   2005年 10月 ( 108 )   > この月の画像一覧
第41回京都非公開文化財特別拝観はじまる
【2005年10月29日】
10月29日(一部は28日)より、京都市で非公開文化財特別拝観が始まった。20日までに京都古文化保存協会が公表した。
e0065268_11503957.jpg

この特別拝観は、毎年、春と秋行われ今回で41回目になる。普段は見ることのできない文化財を見ることができる。公開されるのは18ヶ所の寺院など。拝観に予約などは必要ない。11月7日までの毎日、午前9時から午後4時まで。ただし、一部に公開日程の異なる文化財がある。

今回、初めて京都で唯一残る公家住宅冷泉家(重要文化財)が公開されている。

拝観料は一部の例外を除き各所一律で大人800円、中高生400円。

More
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-30 11:49 | ★ニュース
サバラン(仏:savarin)
サバラン(仏:savarin)は、フランスの焼き菓子。
e0065268_1833110.jpg

ブリオッシュを切断し、紅茶味のシロップを染み込ませて冷やしたものにラム酒やキルシュワッサーをかけ、生クリームや果物で飾りつけたもの。

フランスの有名な食通、ブリア・サバラン(Brillat savarin)から名前を貰った。

サバランには洋酒が入っているので、体質によっては、食べた後に飲酒運転でつかまるケースもあるので注意が必要である。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-29 18:03 | ☆フランスの郷土料理
ずんだ
ずんだ(づんだとも表記)は、大豆(枝豆)をすりつぶして作る緑色の餡である。宮城県と山形県の郷土料理であり、ずんだ餅として食べることが多い。
e0065268_11292968.jpg

山形県、福島県地方では、元来「豆ヌタ」または単に「ヌタ」と呼んでいたが、宮城県地方(主に仙台地方)での呼称の「ずんだ」が有名になり、次第に前述の地方でも主におみやげ物などでは「ずんだ」が使用されるようになっている。語源は諸説あるが「豆を打つ」ことから、「豆打」が「豆ん打」に転化したものと思われる。最近では冷凍食品の普及から、通年において食べることが出来るようになったが、ずんだの元となる青ばた豆の鮮やかな緑色は夏の(とくにお盆のお供えとして)風物詩でもある。

しかし、東北以外に住んでいる人にとっては「枝豆に砂糖を混ぜる」ということに関する理解が得られにくく、好き嫌いが分かれる食べ物の一つであると言えるだろう。

近年では、JR仙台駅に「ずんだカフェ」がオープンし、仙台空港にも「ずんだシェイク」が売られ、羽田空港にもずんだ餅のお土産を売るコーナーが出来るなど、その人気は仙台を飛び越えて全国的に広まりつつある。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-29 11:30 | ☆東北の郷土料理
イラク、国民投票は憲法草案を承認
【2005年10月26日】
イラク独立選挙管理委員会は、憲法草案が承認されたと25日発表した。賛成は78%、反対は21%で、必要とされる過半数の賛成を得た。スンナ派(スンニー派)住民の多い2県では3分の2以上の反対があり草案は否決された。3県以上で3分の2以上の反対票があった場合、草案は否決されることになっていた。
e0065268_1036456.jpg

アンバール県(右の図 13)とサラーフッディーン県(右の図 2)では、ほとんどの住民が反対に回った。アンバール県では反対は97%、サラーフッディーン県では82%だった。2州での否決は中間発表時に明らかになっており、スンナ派の住民が多いニーナワー県(右の図 14)での投票が注目された。ニーナワー県では反対が55%に達したが、全国で草案を否決するために必要な3分の2の反対には達しなかった。

独立選挙管理委員会のファリド・アヤル氏は投票の集計は「100パーセント正しい」とし、「投票結果に影響を与えるような不正はなかった」と語った。

いっぽう、スンナ派のサレー・アル・ムトラク氏は、草案の国民投票は「茶番劇」であると述べ、政府は反対の多かった地域の投票箱を盗んだと非難した。

国際連合から派遣された選挙監視団はムトラク氏の非難に反論している。選挙監視団のリーダーを務めるカリーナ・ペレッリ氏は、投票結果は正確であり、国連選挙監視団により調査されたと語った。

投票者の総数は985万人で、投票率は63%だった。今年1月に行われた移行政府選挙の投票数を100万人上回った。

イラク議会は今年12月15日に選挙を行う予定である。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-28 10:36 | ★ニュース
イカのポンポン焼き
イカのポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる郷土料理。イカのぽっぽ焼きと呼ぶこともある。
e0065268_1055375.jpg

調理方法
イカの胴体からゴロ(内臓)と下足を抜き取り、水洗いする。
ゴロからスミ袋を取り去る。
ゴロ、味醂、砂糖、味噌を混ぜてタレを作る。
イカの胴体に切れ目を入れて焼く。
焼きあがったイカの胴体の表面にタレを塗り、軽く焼き上げる。
下足を細かく切ってタレと混ぜて、イカの胴体に詰めて焼く調理方法もある。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-27 10:56 | ☆東北の郷土料理
リビアで油田採掘権国際入札
【2005年10月27日】
10月2日、リビアのトリポリで、油田採掘権の国際入札が行われた。日本経済新聞などによると、リビアは世界で第9位の石油埋蔵量を持ち、未開発の油田も多く持っている。
e0065268_10535826.jpg

日本経済新聞によると、内陸部、沖合などの計26鉱区が入札対象となった。世界の主要石油会社約60社が参加した。これまでリビアで石油採掘権をもたなかった日本企業も参加し、フランスの会社との企業連合を含め、5社が6鉱区で採掘権を得た。

採掘権を得た企業のひとつ、帝国石油では、探鉱作業を行い埋蔵を確認した場合、2010年から11年に生産を開始するとしている。

またウェブサイト中国情報局では、25日付の中国鉱業報により、2日、リビアで第2次ESPA探査の公開入札がおこなわれたと伝えた。リビア側は44区域で入札を実施。27ヶ国48社が入札に参加し、17社が落札を果たしたとしている(これは上のものと同じ? ロイターなどで確認が必要)。

産経新聞によれば、リビアは長年の経済制裁で国内経済が疲弊している。最近は油田開発に外資を導入し、経済の建て直しを図っている。国際入札は1月にも行われた。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-27 10:53 | ★ニュース
千葉ロッテ優勝に王手で、戎橋厳戒態勢
【2005年10月26日】
河北新報や、福島民友新聞などの10月26日の報道によると、日本プロ野球・日本シリーズで千葉ロッテが優勝に王手をかけたことから、大阪府警察本部・警備部は混乱が予想されるキタ(梅田)やミナミ(難波・道頓堀)の繁華街を警備するための警備本部を設置し、阪神が9月にリーグ優勝を決めた時より200人多い2,700人体制で警戒態勢に入った。
e0065268_1965960.jpg

特にミナミの戎橋は、阪神に関係する騒動がたびたび起こり、関係者は警戒を厳重に。2003年に阪神がリーグ優勝を決めた時にファン5,000人以上が欄干から飛び込む行為が相次いだため、2005年9月29日に阪神がリーグ優勝を決めた時には戎橋一帯を通行止めにしていたが、群衆が今度は御堂筋に移動し、一部のファンがタクシーの車体の上から飛び跳ねるなどをしたため、大阪府警では御堂筋の車道に群集を出さないように警戒を強めることにしている。また、2005年の阪神のリーグ優勝の際に取り付けられた高さ3mのフェンスもまだ設置されているままで、川沿いの遊歩道も閉鎖する予定にしている。

また、甲子園球場を管轄する兵庫県警察本部・甲子園警察署も、機動隊などの応援を受けて通常の4倍以上の230人体制で球場周辺の警備を行うことにしている。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-26 19:07 | ★ニュース
フォアグラ
フォアグラは脂肪肝を発症したガチョウまたはカモの肝臓。世界三大珍味の1つに数えられる食品である。
e0065268_11521659.jpg

古代エジプト人が、干しイチジクをガチョウに与えて飼育し、その肝臓を食したのが始まりと言われる。古代ローマの文献にも見られ、強制飼育が行われていた。 ルネッサンス期にはフォアグラ生産業が定着して食材として認知されるようになった。

今日では、ガヴァージュと呼ばれる飼育法により、トウモロコシなどの飼料を大量に無理矢理食べさせて脂肪肝を発症させることで製造する。そのため、一部の動物愛護団体は動物虐待であるとして反発している。

2004年9月29日、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーは2012年までにカリフォルニア州内で鳥に強制的に食事を与えて作られたフォアグラの生産と販売を禁止する法律を施行した。同法では、動物虐待ではない方法で生産されたフォアグラの販売は認められる。

2005年10月、フランスの国民議会が農業政策に関する包括法の一部としてフォアグラは仏文化の遺産であるとした法案を全会一致で可決し、フランスが世界でフォアグラの80%以上を生産していることを指摘し、保護すべき仏文化、料理の貴重な遺産であると宣言。カモやガチョウの強制肥育についても、他に方法はなく止むを得ないとして擁護する姿勢を鮮明にした。

ソテーして食べるのが一般的。フォアグラをステーキの上に乗せた料理は、ロッシーニ風と呼ばれる。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-26 11:53 | ☆フランスの郷土料理
マッサージ(massage)
マッサージ(massage)は、直接皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。
e0065268_9141914.jpg

マッサージはフランスで生まれた手技療法を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や韓国式のマッサージも便宜的にマッサージと呼ぶことがある。狭義の意味でのマッサージを医療マッサージと呼ぶこともある。但し、どのようなマッサージであったとしても、マッサージの名を冠した手技を業として行うためにはあん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許が必要となる。マッサージは基本的に手で揉むが、最近ではマッサージ機が登場し、人気がある。

マッサージ店ではマッサージクリームやオイルがあり、それでマッサージを行う。マッサージ店はダイエットやツボ押し、弾力性のある肌を作るために訪れる人も多く、とても人気がある。女性の来店客が多いため女性専用のマッサージも多く存在する。健康目的でのマッサージが多いが美容やストレス解消ためにもマッサージが行われる。また、筋肉をほぐすためや固い筋肉を柔らかくするなどにもマッサージが行われ、スポーツ前にも筋肉をマッサージをすることが多い。

続きを読む
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-26 09:15 | ☆特集:ハーブ
クロカンブッシュ(仏:croquembouche)
クロカンブッシュ(仏:croquembouche)はフランスの菓子。
e0065268_184612100.jpg

台の上に、カスタードクリームを入れた小さなシューを飴などの糖衣で付けながら円錐型に積み上げた飾り菓子。 フランスでは、ウエディングケーキに使われ、シューはキャベツを表し、子孫繁栄の願いと豊かな収穫を願いう物である。二人で持った木槌で割りながら分けて参列客に配る。このお菓子の頂上には夫婦の像やドラジェや飴細工のバラで飾る。シューが祝福してくれる人々をあらわすとも言われ、できる限り高くする傾向にある。また洗礼式や結婚式以外のお祝い事にも使われる祝い菓子である。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-25 18:44 | ☆フランスの郷土料理
トップ