南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
カテゴリ:★ニュース( 90 )
ベートーベンの自筆楽譜、2億円で落札
作曲家ベートーベンが弦楽四重奏曲「大フーガ」をピアノ連弾のために書き直した「大フーガ変ロ長調(作品134)」の自筆楽譜が1日、英国ロンドンのオークション会社大手サザビーズで競売にかけられ、100万ポンド(約2億800万円)で落札された。
e0065268_1025824.jpg

電話入札した落札者の詳細は明らかになっていない。支払金額はサザビーズへの手数料を含めると、112万8000万ポンド(約2億3400万円)となる。

ベートーベンの直筆とされる計80枚の楽譜は、今年7月に米フィラデルフィア郊外にあるパーマー神学校の地下室で、古文書を整理していた女性職員が発見したもの。1890年に競売にかけられた後、行方が分からなくなっていた。

見つかった楽譜は、内容が難解だとされた弦楽四重奏曲の終章「大フーガ」を、ベートーベン自身がピアノ連弾のために書き直したものだと見られている。楽譜には黒、茶色のインクの他に鉛筆、赤のクレヨンで、何度も削除や訂正、加筆した跡がある。

[PR]
by dcb0322 | 2005-12-04 10:25 | ★ニュース
フランスへ渡った迷子猫、ビジネスクラスで帰還
米ウィスコンシン州の倉庫で貨物コンテナに迷い込み、はるばるフランス北東部まで運ばれて一躍有名になった猫の「エミリー」が1日、米コンチネンタル航空機のビジネスクラスで無事帰還した。ミルウォーキー空港では飼い主のマケルヒニー一家のほか、多数の報道陣がエミリーを迎えた。
e0065268_9593397.jpg

エミリーは付き添いの職員に抱かれて空港に降り立ち、マケルヒニー家の息子、ニック君(9)に手渡された。家族が報道陣のインタビューを受ける間、マイクに向かって鳴き声を上げたり前脚を伸ばしたりするちゃめっ気を見せた。エミリーの母親役、レズリーさん(32)は「以前より少し落ち着いて、賢くなったみたい」と、目を細めた。

エミリーは9月末に迷子になった。1カ月後、諦めかけていたマケルヒニー一家に届いたのは、「エミリーがフランスで見つかった」という意外な知らせ。コンテナに入ったまま、船で海を渡っていたのだ。

エミリーがフランスから出国するための検疫期間1カ月が終わると、コンチネンタル航空から「すばらしい奇跡のお手伝いをしたい」との申し出があったという。行きの船とはうって変わって、ぜいたくな帰りの旅となった。付き添いを務めた職員は「再会の場面に立ち会えてうれしい」と、感極まって涙をみせた。

[PR]
by dcb0322 | 2005-12-03 09:59 | ★ニュース
ハリポタ最新作、2週連続首位 北米興収
映画「ハリー・ポッター」シリーズの最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が、感謝祭の週末だった25─27日の週末興行収入で5490万ドル(約65億8800万円)を売り上げ、2週連続で首位だった。
e0065268_9204260.jpg

同作品の公開後10日間の興収は2億110万ドル(約241億3200万円)で、これまでに公開されたシリーズ中、最速で2億ドルを突破。公開後10日間で1億8600万ドル、総興収3億1760万ドルだった第1作目を上回る勢いとなっている。


[PR]
by dcb0322 | 2005-12-01 09:20 | ★ニュース
大相撲・朝青龍が史上初の7場所連覇と年間6場所完全優勝決める
11月26日の報道機関各社によると、日本の大相撲の2005年最終の本場所となる九州場所の14日目が同日福岡国際センターで行われ、横綱・朝青龍が、7場所連続15回目の優勝を決めた。
e0065268_8141958.jpg

この日、朝青龍は大関・魁皇を寄りきりで制して今場所13勝目を挙げ、27日の千秋楽を待たずに優勝決定。これにより、7場所連続優勝、並びに2005年1年間の全ての本場所を完全優勝する日本の大相撲史上初の大記録が達成された。なお中日新聞によると、7連覇の記録は、過去に元横綱・大鵬が6連覇を2度達成した記録を上回るもので、また15回目の優勝も元横綱・輪島(14回)を上回る単独5位である。加えて年間の勝利数もこの勝利で83勝目とし、1978年の北の湖が記録した82勝を上回り、歴代年間最多勝利数の記録を更新した。


[PR]
by dcb0322 | 2005-11-30 08:14 | ★ニュース
南極の海に「歌う氷山」 独研究チームが観測
南極大陸周辺の海に浮かぶ氷山の1つから、歌のような音が出ている――。ドイツの研究者らがこのほど、3年前に観測した珍しいデータを発表した。そのままでは人間の耳で感知できないが、高速で再生すると、オーケストラが演奏前にウォーミングアップしているような音に聞こえるという。
e0065268_9495983.jpg

極地及び海洋研究財団アルフレッドウェーゲナー研究所のチームは、02年7月から11月にかけ、南極大陸から大西洋側に張り出した棚氷上で地震や地殻変動のデータを収集している際に、過去に例のないはっきりとした音の信号を観測した。音源を調べてみると、縦50キロ、横20キロほどの氷山が海中に張り出した陸地と衝突し、その周りをゆっくりと動いていることが分かった。氷山の底が海底に落ち着くと、その割れ目や穴を海水が勢いよく通り抜け、「氷山は歌い始めた」という。

観測された音の周波数は0.5ヘルツ前後と、人間が聞き取れる音域より低かったが、高速再生ではハチの群れの羽音のようにも聞こえた。チームの研究者によると「本物の歌と同様、音は上がったり下がったりする」という。研究の成果は、25日付の米科学誌サイエンスに掲載されている。

[PR]
by dcb0322 | 2005-11-28 09:50 | ★ニュース
英国のパブが24時間営業開始、実施は1000店ほど
ロンドン──英国イングランドとウェールズで23日午前0時から、パブなどアルコール飲料を提供する飲食店の24時間営業が可能となった。多くの飲食店が営業時間の延長を申請しているが、24時間営業の許可を申請したのは、約1000店程度となっている。
e0065268_854979.jpg

イングランドとウェールズのパブは1910年代の第1次世界大戦当時から、営業時間は夜11時までと定められていた。しかし、閉店後に店を追い出された酔客が路上で暴れるなどの問題が発生しているとして、政府が今年2月、アルコールを提供する飲食店の営業時間延長を決めていた。

英BBCの調査によると、アルコールを提供する飲食店のうち、約6万店が営業時間の延長を申請しており、今後は計7万店程度まで増える見込み。しかし、24時間営業の許可を申請したのは、パブ359店を含む1121店だったという。

英国のパブや飲食店など3万店以上が加盟する英国ビール・パブ協会(BBPA)の広報担当、ニール・ウィリアムズさんは、「予想されたほどの大きな変化はなかった。ほとんどのパブが、週に数時間の営業時間延長を選んでいる」と話している。

[PR]
by dcb0322 | 2005-11-27 08:05 | ★ニュース
『宮廷女官チャングムの誓い』、ドラマ著作権で収益“5億円”
韓国文化放送(MBC)の系列会社であるMBCプロダクションが、人気ドラマの『宮廷女官チャングムの誓い』の輸出によって得た収益のうち、著作権収益のみで今年5億円を突破する見通しであることを発表した。
e0065268_11323413.jpg

MBCプロダクションのパク・ジェボク部長は、今月24日午後、ソウルの木洞(モクトン)にある放送会館で開かれる“2005 韓流!機会と挑戦”セミナーの主題発表資料を通じて、このように明かした。

この資料によれば、『宮廷女官チャングムの誓い』は、2003年末に台湾に初の輸出が実現し、以後今年までの輸出総額が5億円を突破する見通しであり、これは単純にドラマ著作権に対する収益に限定した数値だという。

特に、『宮廷女官チャングムの誓い』は、日本、台湾、中国および東南アジアを始めとし、今年は中東地域とヨーロッパ、オーストラリアなどにも輸出され、来年はフィリピン、タイ、インドネシア、イラン、他のヨーロッパの地域などにも追加放映される予定。


[PR]
by dcb0322 | 2005-11-24 11:32 | ★ニュース
ブラジル首位、チェコ2位、日本15位 FIFAランク
国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ウェブ・サイトで最新の世界ランキングを発表、首位ブラジルは不動だったが、来年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会の欧州予選で、先のプレーオフを制して出場権を得たチェコが1ランク上げて2位に浮上。オランダが3位に後退した。
e0065268_95378.jpg

以下、4位にアルゼンチン(前回同)で、5位フランス(同)、6位スペイン(同8位)、7位メキシコ(前回6位)、8位米国(前回7位)。9位にはイングランド(同)、10位ポルトガル(同11位)などが続いた。

日本は前回より1ランク上げ、15位でアジア中東勢のトップ。14位のスウェーデンを追い、ドイツ(16位)、ギリシャ(17位)を上回った。イランが19位(同21位)、韓国29位(同)、サウジアラビア32位(同31位)だった。

[PR]
by dcb0322 | 2005-11-24 09:53 | ★ニュース
ハリーポッター新作、興収1位で初登場 歴代4位
映画「ハリー・ポッター」シリーズの新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が北米で18日に公開され、公開直後3日間の興行収入1億140万ドル(約121億円)で初登場1位となった。
e0065268_85742.jpg

公開直後の週末3日間の興収としては歴代4位。「ハリー・ポッター」シリーズとしては過去最高という。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を制作・配給するワーナー・ブラザースのフェルドマン配給担当は、新作の観客動員数は予想を上回ったと喜んでいる。シリーズ3作のうち、昨年公開された3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が公開直後3日間の興収9370万ドルで、1作目と2作目をしのいだが、最新作はさらにそれを上回った。作品ごとの世界興収は1作目が9億7356万ドルで最も多いが、最新作がそれを超えるか期待されている。

北米での公開直後3日間の興収歴代1位は、1億1480万ドルの「スパイダーマン」。2位と3位は、1億800万ドルの「スター・ウォーズ エピソード3」と「シュレック2」。

ハリウッドの各映画会社が20日発表した週末興収(速報)によると、1位の「ハリー・ポッター」に続き、同じく18日に公開された歌手ジョニー・キャッシュの伝記映画「Walk the Line」が2240万ドル(約27億円)で2位。3位は先週1位のディズニー・アニメ「Chicken Little」、4位はジェニファー・アニストン主演のスリラー「Derailed」だった。

上位12本の総興収は計1億7100万ドル(約204億円)に達し、昨年同期から19%増。前年比の興収減が続いていたハリウッドにとって、朗報となった。

[PR]
by dcb0322 | 2005-11-23 13:53 | ★ニュース
お知らせ:今年のインフルエンザは怖い
東京都内でクリニックを開く院長の談。
「熱が出て体がだるい、と訴えて来るインフルエンザの患者さんが急に増えています。昨年末からずっとゼロだったのに、この1週間は延べ20人近くが来られました」
e0065268_9463838.jpg

厚生労働省が4日に「流行シーズンに入った」と発表した今年のインフルエンザは2つの点で厄介。まずは流行時期が例年の11月ごろから3カ月くらい遅れたこと。昨年と比べても1カ月近く遅く、10年間で2番目に遅い。もうひとつは、インフルエンザの「型」が1つではないことだ。インフルエンザは大きく分類してA、B、C型があり、A型にはさらに香港型とソ連型がある。昨年はA香港型が大半だったが、今年はそれにAソ連型、B型も加えた3つの型が流行する「混合流行」だという。この2つの“異変”によって、「ケタはずれに感染しやすくなり」「こじらせやすくなる」という。



続きを読む
[PR]
by dcb0322 | 2005-11-22 13:43 | ★ニュース
トップ