南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 10月 23日 ( 5 )
とんぶり
とんぶりは、アカザ科ホウキギ属の一年草、ホウキギ(ホウキソウ、学名:Kochia Scoparia Schrad)の実の加熱加工品。秋田県の特産品のひとつ。
e0065268_1859719.gif

収穫後に乾燥させた実をいったんを煮た後、一日位水に浸してから手で揉んで外皮を取り除く。 これを2-3回繰り返して完成させる。
実は直径1-2mmの小さな球形で、黒緑色で光沢があり、歯ざわりもキャビアに似ていることから「畑のキャビア」と呼ばれる。

旬は10月~11月。
納豆やすりおろしたヤマイモと混ぜ合わせて食べるとプチプチした食感が楽しめる。
漢方では地膚子(じふし)。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 18:59 | ☆東北の郷土料理
東京競馬場で、日本公営競技史上最高配当飛び出す
【2005年10月23日】
読売新聞など報道機関各社によると、10月22日に開かれた中央競馬、東京競馬場の第12競走において、18万4,691.2倍の払戻金が発生した。日本の公営4競技(中央競馬並びに地方、競輪、競艇、オートレース)を通して史上最高の払戻金となった。
e0065268_1853961.jpg

このレースは16頭の競走馬が出場して開かれたレースで、単勝式16番人気(最下位)のゼンノエキスプレスが優勝。以下2着が12番人気のカネスベネフィット、3着に3番人気のケイアイカールトンだった。上位3着までに入線する出場馬の馬番号を着順通りに当てる「馬番3連勝単式馬券」(3連単)で、(3)→(11)→(4)の組み合わせの払戻金が勝馬投票券10枚100円当たり1,846万9,120円となったもの。この組み合わせは全3,360通り中の3,344番人気で、的中投票数は450万4,663票中わずか18票(180枚)だけだった。

これまでの歴代最高金額配当は2005年5月13日に地方競馬・東京都・大井競馬場のレースでの1,300万390円。また中央競馬では同じ年の4月9日、福島競馬場での1,014万9,930円だったが、それらを大幅に上回るものだった。

また読売新聞によると、この東京12レースに於ける「馬番2連勝単式」(馬単・1着と2着の入線馬の馬番号を着順通りに当てる)の(3)→(11)の102万1,160円、並びに「普通馬番2連勝複式」(馬連・1着と2着の入線馬の馬番号を着順に関係なく当てる)の(3)-(11)の43万7,390円も、中央競馬におけるそれぞれの最高金額配当を更新した。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 18:52 | ★ニュース
メントール(ペパーミントの主成分)
メントール(Menthol)は、環式モノテルペン、アルコールの一種。
e0065268_1942585.gif

局所血管拡張作用、皮膚刺激作用等を有するため、医薬品に用いられる。
ペパーミントに多く含まれる。
e0065268_1983975.jpg

このため、ペパーミントの精油をつかうと、
メントールの作用により、冷たさを感じる受容体を刺激し、気化熱を奪うことで爽快な清涼感が得られる。

漢方でも、薄荷葉(はっかよう)とよばれ、解熱、発汗、健胃などの目的で頻繁に用いられる。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 17:59 | ☆特集:ハーブ
いぶりがっこ
いぶりがっこ は秋田県の郷土料理。
e0065268_11134979.jpg

大根を囲炉裏の天井につるして燻製にしたあと、塩をして糠漬けにしたもの。燻した(いぶり)漬物(がっこ)という意味である。囲炉裏の煙で燻すため、大根には黒い色がつくことが外見上の特徴である。
e0065268_1114566.jpg

近年は囲炉裏が少なくなったため、燻製専用の小屋や設備のある工場で作られることが多い。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 11:15 | ☆東北の郷土料理
NHK・プロジェクトX、12月で終了
【2005年10月22日】
NHKは、同局のテレビドキュメンタリー番組「プロジェクトX」を2005年12月を持って終了することを19日発表した。NHKの原田豊彦放送総局長が記者会見の中で発表した。19日の日本経済新聞が伝えた。番組終了は以前からたびたび話題になっていた。
e0065268_1058199.jpg

「プロジェクトX」は戦後の様々な大規模プロジェクトに携わった無名の日本人を取り上げる番組。12日の朝日新聞によれば、2000年3月28日の第1回「巨大台風から日本を守れ」をスタートに、これまでアンコールを除いて全179回(10月11日放送分まで)が放映されている。また2002年1月8日の「あさま山荘・衝撃の鉄球作戦」では同番組最高視聴率の20.0%(ビデオリサーチ社調べ・関東)を記録するなどの人気番組だった。しかし最近では2005年5月に放送した回で過剰な演出があったことや、またテーマも不足してきたことから視聴率が低迷していた。

各社の報道によれば、NHKでは、一連の同局の不祥事に対する改革の一環として番組の大規模改革を進める計画の一環として、同番組の打ち切りを決めた。NHKでは同枠の後番組として、2006年1月から「プロフェッショナル 仕事の流儀」(仮称)と題した一流のプロの仕事人にスポットを当てた新番組を放送するとしている。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 10:57 | ★ニュース
トップ