南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 10月 14日 ( 3 )
クグロフ(仏:kouglof)
クグロフ(仏:kouglof, スイス:Gogelhopf, 南ドイツ・オーストリア:Gugelhupf)はフランスの菓子 。クーゲルホップフ、クーゲルホフとも呼ばれる。
e0065268_1746502.jpg

アルザス地方の伝統菓子。クグロフ型(斜めにうねりのある蛇の目型)にスライスしたアーモンドや乾し葡萄をいれて焼き上げたブリオッシュでフランス・オーストリアのクリスマスには欠かせないものである。

アルザス地方では、日曜日の朝に焼かれるパンでもあり、アルザス産の白ワインによくあうといわれる。 オーストリアでもどの家庭でもクグロフ型があり、クグロフ型で焼いたパンは全てクグロフとよぶ。

名前の由来にはドイツ語のクーゲル(球)+ホフ(僧帽)が語源であるという説と、リボーヴィレの町の陶工クゲルの名が語源であるという説がある。

フランスに亡命したポーランド王スタニラス・レクチンスキーやルイ16世の王妃マリー・アントワネットの好物。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-14 17:46 | ☆フランスの郷土料理
ザンギ
ザンギは、北海道で作られる鶏や魚介類(蛸、烏賊)の唐揚げの一種である。 唐揚げの下味付けの際に、醤油やショウガ、ニンニクなどで濃厚な味付けを施したものである。北海道では釧路市の「鳥松」が発祥の地と言われている。
e0065268_18212073.jpg

「ザンギ」という名称は上記の鳥松の主人によれば、中国語で鳥の唐揚げを意味する言葉をザーギーと認識していて、その間に「運がつくように」ウンを入れた、と言う事である。しかし他にも中国語の「炸子鶏」(ザージーチーと読む。鶏の唐揚げの意)が訛ったものなど諸説があり、別に発祥とされる店も存在するので正確には不明である。

名称については、下記の説もある。

中国語「炸子鶏」(ザーツゥチー)説
中国語「揚鳥」(ジャージー)説
中国語「千斬切」(センザンキ)説
日本語「散切り」(ザンギリ)説 ※ かつて骨ごと切っていた為。
日本語「斬切り」(ザンギリ)説 ※ 同上。
仏教用語で、年端もいかない若鶏を殺生して調理する行いを恥よという思いを込め「慚愧」(ザンギ)説
「残毀」説(肉を切る=毀 → 唐揚げする → 味付けを止める=残)
釧路市を含めて北海道各地には戦後、中国、満州からの引揚者が多く移り住んだことと関係があるのではないかとする説もある。また、炸子鶏と共通する部分として、衣に片栗粉を使うことが「ザンギ」の条件であるとする説もある。北海道民の多くは、唐揚げ=鶏肉のザンギであると認識しており、北海道の居酒屋のメニューにはザンギが含まれているのが一般的である。そのため、ザンギを北海道独特の物、或いは名称であると認識していない北海道民も多い。このため、全国展開している大手のコンビニエンスストアでも、北海道内の店舗では、鶏肉のから揚げ商品にザンギの名称を用いて販売している。鶏肉以外の場合は、「蛸のザンギ」など材料名を付して呼ぶことが一般的である。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-14 17:20 | ☆北海道の郷土料理
楽天がTBSに経営統合申し入れ
【2005年10月14日】
各社報道によると、電子商店街最大手の楽天(本社・東京都)は10月13日、東京放送(TBS)(本社・東京都)株式の約15.46%を取得し、TBSに対し、共同持株会社の設立による経営統合を申し入れたと発表した。TBSは、「慎重に検討する」との見解を伝えている。
e0065268_1049380.jpg

楽天は銀行業への参入方針を表明しており、一連の事業多角化の一環と考えられる。朝日新聞に よると、楽天会長兼社長の三木谷浩史氏は13日の会見で提携について、「影響力の強い放送と、収益性の高いインターネット事業の統合により、世界に通用するメディアグループを目指す」と語った。

情報(IT)関連企業による民間放送局の出資に関しては、2005年初頭のライブドアとフジテレビ・ニッポン放送を巡る買収劇が展開されて以来、TBSなど他放送局も買収対策に力を入れてきたといわれる。しかしTBSに関しては安定的な株主が少なく、防衛策を策定中にいわゆる村上ファンド・楽天による株式の買い集めが報じられ、10月13日に楽天が約15.46%の株式を取得し、TBSに対する経営統合の申し入れとなった。

今後の村上ファンド、TBS経営陣、楽天などの対応が注目される。

なお、スポーツニッポンによると、TBSは、プロ野球球団「横浜ベイスターズ」の筆頭株主で、現在オーナー企業であるため、別のプロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」を保有する楽天が事実上2球団を持つことになり、複数球団親会社の株式所持を禁止した野球協約183条に触れる可能性がある。複数球団親会社の所有については、阪神タイガースの親会社である阪神電鉄の株式を38%余り保有する村上ファンドや、横浜ベイスターズとヤクルトスワローズ両球団の株式を保有するフジサンケイグループも野球協約抵触の可能性が取りざたされており、状況によっては2004年オフ以来の球界の再編に発展する可能性も考えられる。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-14 10:49 | ★ニュース
トップ