南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 10月 03日 ( 6 )
プロヴァンス(Provence)
プロヴァンス(Provence)は、フランス革命以前のフランスに置かれていた州のひとつであり、フランス王国併合前にその地にあった独立国の名前でもある。「プロヴァンス」の名称は、古代ローマ時代の属州(Provincia)であったことにちなみ、プロヴァンス語で "Provènço" や "Provença" などとも呼ぶ。
e0065268_1459651.gif

地域の区分としては、ローヌ川の左岸(東岸)とヴァール川の右岸とで区切られた一帯であり、現在の地域圏でいえばプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の大部分に当たる。文化的、歴史的にはこの地域圏に含まれる各県のほか、アルデシュ県とドローム県の各南部、およびガール県の東部もプロヴァンス的であるといえる。
e0065268_1455512.jpg

気候
地中海の恩恵を強く受ける地域である。夏は暑く乾燥している。冬は、沿岸部では穏やかであり、東部は湿潤である。ただし北部では厳しい。

歴史
1382年、この地のジャンヌ女王が没し、カペー系の最初のアンジュー家(la première maison capétienne d'Anjou)は途絶えた。この養子にとられたアンジュー公ルイ1世の兄弟がカペー系のアンジュー家を再興したが、これも1491年に途絶え、1498年にはフランス王領に併合された。



[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 15:00 | ☆南フランスの旅
ブリオッシュ(仏:Brioche)
ブリオッシュ(仏:Brioche)は、バターと卵を普通のパンより多く使った食品である。フランスの菓子。
e0065268_12472866.jpg

名前の由来として、地方名のブリー (brie) や僧侶の座った形であるという説がある。

中世ヨーロッパではお菓子とされ、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットが言ったと伝えられる「パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに」に出てくる「お菓子」とは、このブリオッシュのことである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:48 | ☆フランスの郷土料理
カスタードプディング(仏:crème caramel)
カスタードプディング(英 custard pudding)、(プリン、仏:crème caramel、crème renversée)は、洋菓子の一つ。 牛乳、砂糖、卵を混ぜたもの(カスタード)を熱で固め、その上にカラメルソースがのったもの。

e0065268_12442818.jpg

冷たく柔らかな舌触りとほろ苦さの混ざった甘さが特徴である。
本来プディングとは蒸すとの意味であるが、ゼラチンで固めたものもあり、甲乙付けがたい。

また大きな器に作ってスプーンで好きなだけすくって食べるものもある。このときはひっくり返すことが困難であるためカラメルソースが上にのらない時もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:39 | ☆フランスの郷土料理
ポトフ(仏:pot-au-feu)
ポトフ(仏:pot-au-feu、ポトフーとも)は、フランスの家庭料理のひとつ。 「火にかけた鍋」の意味。
e0065268_12343448.jpg

牛肉や鶏肉、ソーセージなどの肉類と、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、カブ、セロリなどの野菜類を、長時間かけてじっくり煮込んだ料理。ドイツ料理でいうアイントプフは、これのドイツ版。
e0065268_12345137.jpg

スープは食塩、コショウなどで味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。

スープ、野菜、肉をそれぞれ別々に食べることから、現在のフランス料理の原点ともされている料理である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:34 | ☆フランスの郷土料理
芋煮会(いもにかい)
芋煮会(いもにかい)とは、河原などで鍋料理を作って食べる山形県発祥の行事である。東北の秋の風物詩。 山形県・宮城県で最も盛んであるが、福島県、秋田県でも行われている。親睦を深める行事として、家族・友人・地域・学校・職場で行うことが多い。
e0065268_12201182.jpg

由来
由来には諸説あるが、秋の稲の刈り入れどきがサトイモの収穫期と重なっており、稲の刈り入れどきに行われた鍋料理の習慣に由来するとの説がある。また、他説では、舟着き場で船頭が鍋を囲んで舟を待ったことに由来するという説(中山町長崎の説)もある。

日本一の芋煮会フェスティバル
秋になると、各地の河原でグループによる芋煮会が行われるが、そのシーズンの先駆けとして、平成元年より毎年9月の第1日曜に芋煮会のメッカである山形市の馬見ヶ崎河川敷で開催される。直径6mの大鍋に約3万食の芋煮が作られる。調理する際には重機バックホーを用いる。このバックホーは油圧系に食用油を用いており、衛生上問題ないよう配慮されている。

なお、この大鍋で作られる芋煮の味付けは、標準的な山形県内陸部で見られる、牛肉とサトイモ、醤油味の鍋である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:19 | ☆秋の味覚
宮里藍選手が大会史上最年少で優勝
神奈川県・戸塚カントリークラブで行われていた女子ゴルフの日本女子オープンゴルフは宮里藍が初日からの首位を守り初優勝。史上最年少の20歳105日で大会制覇となった。また最終日となった2日はギャラリー数が2万1千人を超え、過去最高を記録した。

日本女子オープンゴルフ選手権競技
日本女子オープンゴルフ選手権競技(にほんじょしオープンゴルフせんしゅけんきょうぎ)は、毎年秋季(10月)に開催される日本の女子プロゴルフメジャー大会のひとつ。

大会の歴史は1968年にTBS女子オープンとしてスタートした。この年の優勝者は、後の全米女子プロゴルフ選手権で優勝した樋口久子だった。彼女はこの時「23歳60日」で初代優勝者になっている。以来日本のトッププロとトップアマチュアが出場し、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯とならぶビッグイベントに成長した。

大会は毎年開催する都道府県を変えて、4日間72ホールのストローク・プレーで開催され、以下の選手に出場資格が与えられる。なお、2005年現在の賞金総額は7000万円、優勝賞金は1400万円となっている。大会の模様はNHKが放送している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:09 | ★ニュース
トップ