南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 09月 20日 ( 3 )
京都アニメーション
京都アニメーション(きょうと―)は日本のアニメ制作会社。1981年設立、1999年株式会社化。代表取締役は八田英明。本社・オフィスを京都府宇治市と東京都に置く。
e0065268_19411022.jpg

e0065268_19493645.jpg

元は下請け会社であり、自社のアニメスクールもある。演出、作画、仕上げ、背景、撮影などを自前で行うことが可能なためか質の高い仕事で知られ、京都アニメーションに仕事を依頼するためにスケジュール調整を行うこともあるという。関連会社にアニメーションDoがある。長らくシンエイ動画やサンライズなどの下請けを行ってきたが、最近自社オリジナル作品を多数発表し、注目を集めている。

作品一覧
テレビアニメ
あたしンち
犬夜叉
フルメタル・パニック?ふもっふ
AIR(TV版)
フルメタル・パニック! The Second Raid

OVA
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて(制作協力・2話まで)
MUNTO(完全自社製作)

ゲーム
Dancing Blade かってに桃天使!/~II
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-20 22:28
セロトニン
セロトニンはヒトを含む動植物に一般的に含まれる化学物質で、トリプトファンから生合成される。人体中には約10mgのセロトニンが存在しており、そのうちの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞(EC細胞とも呼ばれる)内にある。クロム親和細胞はセロトニンを合成する能力を持っており、ここで合成されたセロトニンは腸などの筋肉に作用し、消化管の運動に大きく関係している。また、ここで合成されたセロトニンの一部(総量の約8%)は血小板に取り込まれ、血中で必要に応じて用いられる。

残りの2%のセロトニンは中枢神経系にあり、これらが人間の精神活動に大きく影響している。日常生活から、鬱病や神経症などの精神疾患(無論全てではない)に至るまでセロトニンの影響が注目されるようになり、近年では、セロトニン系に作用する薬物を用いることによって、これらの疾病を治療することができるようになった。

このため、欧米で主流であったフロイト流の精神分析治療は衰退を余儀なくされ、精神分析が科学として学問として成り立つかどうかの段階にまで心理学の分野でパラダイム変換が起こっている。

また、日本ではセロトニンはその効果の大きさから、疑似科学や代替医療の用語としてもしばしば登場する。幻覚を起こすリゼルグ酸ジエチルアミドはセロトニンの作用を阻害する
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-20 22:20
ストレス(stress)
ストレス(stress) とは生物にとっての何らかの刺激のことを言う。またその範囲は広い。主に物質的な刺激の事をいうが心理的な意味も含まれる(暑さ、寒さ、痛み、生理的物質への反応、怒り、苦しみ、など)。
ストレスが存在すると生体は各種ストレスホルモン分泌を増加させストレスに対する防衛機構を働かせる。この反応が強すぎると適応不全症候群を引き起こす原因となる。

関連する項目1
アドレナリン (adrenaline)
アドレナリン (adrenaline) (英名:アドレナリン、米名:エピネフリン)とは、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3。

ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。

アドレナリンの作用
敵から身を守る、あるいは獲物を倒す必要にせまられる状態に相当するストレスによって、全身の器官に以下の作用を引き起こす。

運動器官への血液供給増大を引き起こす反応
心筋収縮力の上昇
心、肝、骨格筋の血管拡張
皮膚、粘膜の血管収縮
消化管運動低下
呼吸におけるガス交換効率の上昇を引き起こす反応
気管支平滑筋弛緩
感覚器官の感度を上げる反応
瞳孔散大

関連する項目2
ノルアドレナリン
ノルアドレナリン(独 noradrenalin,英 noradrenaline) は米国ではノルエピネフリン(Norepinephrine)として知られ、 化学式C8H11NO3のカテコールアミンにしてフェネチルアミンである。 ホルモンとして副腎から血液に放出される。 'ストレス・ホルモン'の1つであり、衝動性(impulsivity)によって制御されている人間の脳の部分に影響する。 アドレナリンと共に、この化合物は闘争あるいは逃避反応を生じさせて、 心拍数を直接増加させるように交感神経系を動かし、脂肪からエネルギーを放出し、筋肉の素早さを増加させる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-20 22:16
トップ