南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 09月 18日 ( 24 )
個人旅行(こじんりょこう)
個人旅行(こじんりょこう)とは、航空券・切符やホテルなどを自ら手配して旅行すること。パッケージツアーやフリープランと比較すると、団体料金が適用されにくいため、同一行程・同一内容では旅行代金が高くなる傾向にある。しかし、旅程に制約がないのが最大のつよみであり、バックパッカーなどに人気の旅行形態。

旅行会社と顧客が結ぶ契約上の種別としては、パッケージツアーが「主催旅行」と呼ばれるのに対し、個人旅行は「手配旅行」と呼ばれる。旅行会社があらかじめ交通機関・宿泊施設・食事等のプランを組んで提供する商品が主催旅行であり、旅行者が個人的な希望に沿って旅行会社へ手配を依頼する場合が手配旅行である。

主催旅行は旅行会社が主催し、旅行会社が責任を負う部分が多いのに対し、手配旅行は旅行会社の保証を期待できない部分が多い。言い換えればパッケージツアーを利用しない個人旅行においては、旅行者本人が自己責任を負う部分が多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 16:38
旅行(りょこう)
旅行(りょこう)とは、人が徒歩もしくは何かしらの交通手段を用いて、空間的、物理的に移動することである。単に旅(たび)ともいう。

「たび」の語源としては、旅する先々で物を乞うことから「たまへ(ください)」が変化した説や、他人の家の火で調理された食事を請ける「他火」を意味するなどの説がある。

目的
旅行には、通常は目的地がある。その目的地に行って、観光、気晴らし、放浪、商用、帰省、様々なことを行なう。また、その移動過程を楽しんだり、移動中にも観光などを行なうこともある。特殊な例では移動そのものが目的の場合もある(鉄道旅行を参照)。

歴史
今日のように一般庶民に移動の自由が公には認められていなかった時代、人は宗教的な巡礼、神社仏閣への参拝を理由に旅をすることが多かった。日本では、伊勢参り、善光寺参拝など、ヨーロッパでは、キリストの聖杯、聖遺物、やその使徒のだれかれの遺物が安置されているといわれる大寺院、修道院への巡礼が盛んに行われた。そのことを示す例として、日本の初期の鉄道は、伊勢への近鉄、高野山への南海、成田山への京成、高尾山への京王と多くが、社寺参拝のために作られたことが挙げられる。

それが、旅の旅行者への宿泊の世話や病人のケアからホスピス、病院を生み出す元になったり、また近世に入ってからは、イギリスの裕福な市民層の師弟の学業の仕上げとしての「グランドツアー」、家庭教師同伴の長期にわたる海外遊学が、広く行われる様になり、それを世話する業者という旅行代理店が登場した。今日も存続しているトーマス・クック社は当時の創業になる。またこうした流行が、明治以降の日本に輸入されて、学校の修学旅行になった。

またアメリカでは、金鉱の発見などにより、西部開拓という大移動、旅行ブームを引き起こし、以後、放浪者、「ホーボー」や、ビートニックなどの運動でも旅、旅行は新しい文化の呼び水になった。

戦後の日本では、1960年代の高度経済成長のころから一般の人が旅行に出かけるようになった。まず企業従業員による団体旅行(いわゆる慰安旅行)が盛んになった。目的地は大都会から数時間で行ける温泉地が多く、鬼怒川温泉、熱海温泉、白浜温泉などに巨大な温泉旅館が立ち並び温泉街が形成された。1970年代になると若者の個人旅行が活発になり、若い女性を中心としたアンノン族が京都や軽井沢や中仙道の妻籠宿などに大挙して押しかけた。また長期間旅行をするための巨大なリュックサックを背負ったカニ族(狭い通路を横向きになって歩くことから命名)が主に北海道に現れた。現在の日本では旅行の形態は多様化しており、各観光地は自分独自の特徴を打ち出して集客に務めているが、最近『癒し』を特徴とする観光地や施設が増えている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:16
ペンテコステ(Pentecoste)
ペンテコステ(Pentecoste)は聖霊降臨(せいれいこうりん)とも呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、祈っていた使徒たちの上に神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。聖霊降臨祭、聖神降臨祭、五旬節、五旬祭ともいう。
e0065268_13485061.jpg

東方正教会では聖神降臨祭として十二大祭のひとつ。教会暦での日付の起算日のひとつでもある。

概説
聖霊降臨に関する記事は新約聖書の『使徒行伝』2章1節~42節にみられる。それによれば、復活したイエスは弟子たちに「近いうちに聖霊が降る」ことを告げて天に上っていく(キリストの昇天)。それから10日後、ユダヤ教の五旬祭の日に使徒と聖母マリアが集まって祈っていると、激しい風のような音が聞こえ、天から炎のような舌が降った。使徒たちは聖霊に満たされ、さまざまな国の言葉で語り始めた。地中海世界全域からディアスポラのユダヤ人たちがエルサレムに集まっていたが、使徒たちが自分の地域の言葉で語っているのを聞いて驚いた。ペトロが中心になってイエスの死と復活の意味について語ると多くの人が洗礼を受け、使徒たちのグループに加わった。これが聖書が語る聖霊降臨の出来事である。

歴史的にはペンテコステという名前はギリシャ語の"Pentékosté"(50の意)に由来しており、本来はユダヤ教の祭日シャブオットのギリシャ語訳である。シャブオットは過越祭の50日後に祝われる祭りであり、もともとは春にえられる最初の収穫に感謝する農業祭であった。しかし、シャブオットがキリスト教徒によって聖霊降臨の出来事と結び付けられ、本来の意味を失ったようである。

キリスト教の聖霊降臨の日は、復活祭から(その日を第一日と)数えて50日後に祝われる移動祝日(年によって日付が変わる祝日)である。日付は毎年異なるが、五月初旬から六月上旬の日曜日に行われる。

各国によって聖霊降臨の日の祝い方はさまざまである。たとえばイタリアでは炎のような舌を象徴して式中にバラの花びらをまく。フランスでは激しい風のような音がしたことをあらわして式中にトランペットがふかれる。ドイツでは牝牛に花冠をつけ引き回す。

また、ペンテコステ教会というキリスト教の一派は個人個人における聖霊の働きを強調し、その重要性ゆえ自らの教会にペンテコステを冠している。多くのキリスト教諸派において聖霊降臨が教会がたてられた日であるという認識がなされている。

聖霊降臨を描いた芸術作品は多いが、特に有名なものとしてエル・グレコの絵画『聖霊降臨』がある。

なお、ユダヤ教のペンテコステに関してはシャブオット、七週の祭、五旬節を参照のこと。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:10
ローマ教皇(英Pope、伊Papa)
ローマ教皇(ローマきょうこう、英Pope、伊Papa)は、キリスト教の一大教派であるローマ・カトリック教会の最高位聖職者であり、政治的にはバチカン市国の元首である。
e0065268_13463621.jpg

日本のマスコミでは一般にローマ法王とも呼ばれているが、これは俗称であるため、カトリック中央協議会では呼び方をローマ教皇に統一しようとしているがいまだに実現していない。

現在の教皇は、ベネディクト16世(在位 : 2005年4月19日 - )。

称号
カトリック教会の典礼及び教会法の中での呼称は、教皇である。

敬称として「聖下」または「パパ (Papa)」などがある。これらの名称のほかに「バチカン市国の元首」「カトリック教会の最高司教」「西欧の総大司教」「イタリアの首座大司教」「ローマ管区の首都大司教」「ローマ教区の司教」「キリストの代理者」「神の代理人」「使徒の頭の後継者」「全カトリック教会の首長」などの称号で呼ばれることもある。自称としては「神のしもべたちのしもべ」ということがある。

歴史
古代:ローマ司教座の権威の確立
初代キリスト教会の使徒ペトロ殉教の地・墓所としてローマは聖地の一つであり、ローマ教会は古くから歴史的に尊重されてきた。またローマ帝国最大の都市であるローマには早くから信徒集団が確立し、その長であるローマ司教は早い時期に教会内で一定の権威をもつ存在となっていた。

かつて、北アフリカ地域(エジプト、リビア)の教会で首位にあった「アレクサンドリア(コプト)教会」の総大司教と、ラテン系地域の教会で首位にあった「ローマ教会」の総大司教が「教皇」と呼ばれていた。しかし、コンスタンティヌス帝が、首都をローマからコンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)に移した後は、教会行政の中心が帝国の東側に移行した。そして、五大総司教座と呼ばれる5つの教会がとくに権威あるものとして確立してくると、その序列が問題となった。東ローマ帝国(ビザンティン帝国・ビザンツ帝国)の首都コンスタンティノポリス教会の総大司教(総主教)が「世界総大司教」として二番目の首位を占めるようになり、ギリシア語を主に用いる東方ではこれら五つの教会の大司教をそれぞれ「教皇」と呼ぶようになった。

6世紀末、時のローマ教皇グレゴリウス1世は、ゲルマン人の間に盛んに布教を行い、西欧各地の教会を支配下に治めて、勢力を拡大したので、「ローマ教会」は東ローマ帝国皇帝に対して独立の地位を獲得していった。このため西方教会では、ローマ教会の総大司教のみを「教皇」と呼ぶようになる。特にカルケドン公会議以降、新約聖書のマタイによる福音書第16章に、イエスが12使徒のうち最初の弟子であるペトロに残した「あなたはペトロ (Πετρος)。わたしはこの岩 (πετρα) の上にわたしの教会を建てる。」(『新共同訳聖書』日本聖書協会より引用)の言葉が、ローマ総大司教をペトロの後継者として権威を高めるために強調された。

西方と東方の分離
西方教会が独立性を獲得する一方で、東方の東ローマ帝国および東方教会との文化的・政治的・宗教的亀裂も増していった。この亀裂は8世紀以降、争点を変えつつの形で顕在化し、ついに1054年大シスマ(東西分裂)といわれるキリスト教世界の分裂に至る。

首都の移行後まもなく西方のラテン系地域の西ローマ帝国が滅んだ後、西方のローマ教会は、6世紀の東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世がイタリア半島を再びローマ帝国領にしたため東ローマ帝国の皇帝の支配・庇護下に置かれていたが、徐々に東ローマ皇帝やコンスタンティノポリス教会と、教義や文化、教会の主導権をめぐって対立するようになる。

中世以降
分裂以後のローマ教皇の影響力は当然ながら西方教会の内部に限られる。しかしそれは同時に、西方教会という制約においてローマ教皇が「神の代理人」として隔絶した宗教的権威を確立していく道程でもある。

中世から近代にかけて、ローマ教皇は単なる宗教的権威であるだけでなく、イタリア中部を中心に広大な領地「ローマ教皇領」を領有する一領主でもあった。ローマ教皇は神聖ローマ帝国などとの世俗権力との対立も歴史的に抱え込んだ。これには聖職叙任権闘争のような宗教政策の対立と、ローマ教皇領の領主としての教皇が他の諸侯ともつ世俗的対立がある。世俗権力との対立は、中世末期から、アヴィニョンへの教皇庁移転(教皇のバビロン捕囚)のように教皇庁側の全面的な譲歩に終わる様相を多々見せるようになる。世俗権力への妥協は、時に別の勢力の離間を招いた。そのような離間に、あるいはマルティン・ルターの離脱であり、また神聖ローマ皇帝カール5世の姉キャサリン・オブ・アラゴンとイングランド王ヘンリー8世の離婚許可(婚姻無効宣言)を出さなかったことによるイングランドの離間と英国国教会の創設がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:06
ミネラル(Mineral)
ミネラル(Mineral)とは鉱物(無機質)のことであるが、一般的には人体に欠かせない微量元素のことを指す。糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられる。
e0065268_12552042.jpg

代表的なミネラル
カルシウム
リン
硫黄
カリウム
ナトリウム
塩素
マグネシウム

フッ素
珪素
亜鉛
マンガン

セレン
ヨウ素
モリブデン
クロム
コバルト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:44
ビタミン(Vitamin)
ビタミン(Vitamin)は、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称である。
e0065268_12572558.jpg

ほとんどの場合、生体内で合成することができないので、主に食料(植物や微生物、肝臓や肉など)から摂取される。ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりする(→ビタミンの欠乏症)。ビタミンの所要量が定められており、欠乏症をおこさない必要量と、尿中排泄量の飽和値によって見積もられている。成人の場合、1日あたりの必要摂取量は mg ~ μg のオーダーである。

ビタミンの取捨選択の進化生物学的背景
生物は生存・生育に必要な代謝経路における酵素化学反応などの生理機能を営むために様々な生理活性作用のある有機化合物を必要とする。進化の過程で、これらの化合物のうち、不足すると致命的なものは体内で生成できるようになった。ところが、短期間なら不足しても比較的問題ない化合物や容易に食料から摂取できる化合物は、それを摂取できずに病気や死に至る危険性よりも、体内で生成する器官を備えるコストの方が大きいため、次第に体外のみ(動物では食物、単細胞生物では環境水など)から摂取するようになり、合成に必要な代謝経路を失うようになったか、そもそもそのための代謝経路を進化させなかった。こうした有機化合物がビタミンになったと考えられている。

ビタミンの機能(役目)
ビタミンの多くは生体内では酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能するため、その欠乏症はそれを補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全として現れてくる。補酵素が酵素の活性中心の重要な機能を担っている事を考慮すると、しばしばビタミンの機能を表す「潤滑油」のたとえは生理学的には適切ではなく、むしろ工作機械に装着される工具に相当する機能を担っていると言える。

ビタミン発見の歴史
ビタミンは通常の食事を取っていれば必要量が摂取できる。 単調な食事に縛られた時、ビタミン不足による障害が発生するが、長い間それは単なる栄養不足とか病気と見られていた。

ビタミン発見の発端は、国を守るべき軍隊が、今ではビタミン不足による障害と知られている壊血病や脚気に集団でかかり、当時の軍医らがこれらの病気の撲滅を狙って研究したことから始まる。

1734年、J・G・H・クラマーは壊血病にかかるのはほとんど下級の兵卒であり、士官らはかからないことに気づいた。士官らは頻繁に果物や野菜を食べており、下級の兵卒らは単調な食事であることから、壊血病を防ぐために果物や野菜を取ることを勧めた。 また、ジェームズ・リンドは 1747年、イギリス海軍で壊血病患者を幾つかのグループに分け異なる食事を与える実験を行った。 その結果、オレンジやレモンの柑橘系果物が壊血病に有効であることを発見した。 しかしこれらの発見は黙殺され、結局壊血病は 1797年にイギリス海軍において反乱が起き、その要求の一つにレモンジュースが入り、それが受け入れられるまでイギリス海軍を悩ませた (但し、イギリス海軍本部は安価なライムを代用した)。

日本でも日本海軍の水兵に脚気が蔓延し悩まされた。 軍医大監だった高木兼寛は、士官は脚気に冒されず、かつ単調な食事をしてないことに気づいた。そこで 1884年、白米に大麦を加え、肉やエバミルクを加えるなど食事の中身を若干イギリス風にした。これにより脚気自体は無くなった。しかし、高木はビタミンの存在に気づかず、単にタンパク質が増えたためと考えた。

ビタミンの存在に気づいたのは、クリスチアーン・エイクマンで、彼は 1896年滞在先のインドネシアで米ヌカの中に脚気に効く有効成分があると考えた。 1911年カジミール・フンクがこの有効成分を抽出することに成功した。 1912年、彼は自分が抽出した成分の中にアミンの性質があったため、「生命のアミン」と言う意味で「Vitamine」と名付けた。 ところでフンクの発表より 1 年前の 1910年、日本でも鈴木梅太郎が同成分の抽出に成功しオリザニンと命名したが、日本語で発表したため広まらなかった。

その後、生命に必要な成分は幾つか見つかり、その都度、正式な化学構造が判明し適当な名前を付けるまでの仮称として、D, E, F... と順に名付けられた(ビタミン K を除く)。 また、ビタミン B に関しては、非常に似た性質を持つグループがあることが分かり、ビタミン B 複合体として、B1, B2, B3... と順に名付けられた。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:40
口内炎(こうないえん)
口内炎(こうないえん)とは、口の中や舌の粘膜に起きる炎症を総称しての呼び方である。口内炎には「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」がある。代表的な「アフタ性口内炎」は口内粘膜に直径5ミリ程度の灰白色斑(アフタ)をつくり、痛みを伴う。通常は一週間程度で自然に完治するが、複数箇所に口内炎が発症する重度のものでは痛みのあまり摂食不能になることもある。また、口内炎の発症時には口臭を伴うことがある。

原因
口内炎発症のメカニズムは正確にはわかっていないが、次のような原因であると考えられている。

偏食による鉄分やビタミンの不足
ストレスや睡眠不足
唾液の不足、口腔の乾燥
口腔内の不衛生
ビタミン欠乏症の症状

治療
専門は耳鼻咽喉科であるが、病院によっては治療しないところがあるので、事前に確認するのがよい。歯科や内科で治療してくれるところもある。
ビタミン剤
ビタミンの不足が原因の口内炎を治療するときに用いられる。主に内服薬として処方するが、注射や点滴などを用いて投与する場合もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:34
スポーツ
スポーツ(英、Sport)とは、人間が考案した施設や技術、ルールに則って営まれる、遊戯・競争・肉体鍛錬の要素を含む身体を使った行為。競技として行うものはチャンピオンスポーツ、遊戯的な要素を持つものをレクリエーションスポーツと呼ぶこともある。

スポーツの定義
スポーツは、英語のsports(sportの複数形)のカタカナ表記である。sportという単語は江戸時代後期の英和辞典に見られるが、スポーツという日本語が定着したのは大正年間のことである。

sportの語源は古フランス語のdesport「気晴らしをする、遊ぶ、楽しむ」から古代ギリシャ語の「憂いを持ち去る」意味の言葉にさかのぼり、その「遊ぶ」という原義は現在も保持されているが、意味するものは時代とともに変化している。17世紀~18世紀には、sportは新興階級の地主ジェントリー(いわゆる狭義のジェントルマン)の特権的遊びであるキツネ狩等の狩猟を第一に指した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:25
イメージ・トレーニング
イメージトレーニングとはスポーツのトレーニング法の一種。
実際に体を動かすことなく、動いている自分を思い描くことによって技術や戦術を向上させるもの。イメージを思い描くことで、実際に動くときに集中力を高めやすく、また、雑念を払うのに役立つと考えられている。一部の運動野は実際に運動するよりもイメージのほうがよく働くというデータが示されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:18
気功(きこう)
気功(きこう)は、中国古来のものとされる健康法の一。
体操と呼吸法とイメージ・トレーニングとを併せたような内気功と、その応用として超能力的な外気功とに大別される。
さらに、外気功を二つに分け、美容や治療を含めた健康面に関する気功を軟気功、護身術など相手を倒したりするものを硬気功と分類する場合もある。

気功という言葉自体は1970年代から用いられたものだと言われ、中国語文化圏ではヨーガなども含めた類似のものの総称として用いられることもある。


気功において気は、熱、圧力、びりびりした感覚として認知され、その気感を高めたり、気の動きを自分の意思でコントロールすることが気功である。 気功では、身体の気の流れを良くすることにより元気になると考えられている。また、自然界の気をもらい、自分や他者へ送るといったことも行われる。

気とは
気とは中国伝統思想において、肉眼では見えない物質、力をひとまとめにした概念である。例えば現代の日本語にも、「元気」とか「根気」と言ったような精神的なもの、「電気」や「磁気」といったエネルギー、「空気」のような気体を表すときに「気」いう語がつかわれる。これらはある程度科学の知識がある現代人から見たら別のものであるが、近代以前の顕微鏡も無く、エネルギーや素粒子といった概念も無かった時代に、存在はする筈だが目で見ることが出来ないという特徴から気と総称された。

気功とオカルト・疑似科学
気功は現代科学成立以前の中国伝統思想の理論を元に成立している。本来なら科学を装った疑似科学では無いし、オカルトでも無い。 しかし、「気とは現代科学では解明できない精神エネルギーである」「気功による治療でどんな難病でも治る」などと疑似科学的・オカルト的主張する人たちがいる。これらは本来の気功とは別のものと考えたほうがよい。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:14
トップ