南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
2005年 09月 17日 ( 18 )
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)はスペイン北西部ガリシア自治州の首都。聖ヤコブの遺骸が祭られているため、古くからローマ、エルサレムと並んでにカトリックで最も人気のある聖地であり巡礼者が絶えない。巡礼の街道では巡礼者は、その証明に帆立貝の殻を荷物にぶら下げる。途中、教会などが宿泊を提供してくれる。最後のコースは、地面に古切れなどを敷きながら膝だけで歩いていく熱心な信者も多い。

ここへの巡礼をテーマにしつつ神の存在を歴史の時間軸を行き来しながら描いたフランス映画で、「銀河」(フランス・イタリア合作で、ロラン・テルジェフ監督、1968年)というものがある。「銀河」は、このサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道のことである。
e0065268_15222695.jpg

巡礼路
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、フランスからスペインへと向かう、トゥールの道、リモージュの道、ル・ピュイの道、トゥールーズの道の主に4つの道からなる。キリスト教三大巡礼路の1つにも数えられている。

1993年、世界遺産として登録された。紀伊山地の霊場と参詣道と並び、世界でも珍しい道の世界遺産としても知られている。

歴史
元々、サンティアゴ・デ・コンポステーラに、聖ヤコブの遺骸が埋まっているという伝説がある。このため、9世紀ごろからこの地への巡礼があったと記録されている。11世紀にはローマ・カトリック教会が、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼を奨励。11世紀から12世紀にかけては、多い時で1日1,000人を越える巡礼者がいたと言われている。また、この巡礼は、当時イベリア半島を支配していたイスラム教王朝からの国土回復(レコンキスタ)にも大きな影響を与えたといわれている。

現在でも、この巡礼路を通って、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かう人たちが多数存在する。徒歩、自転車、車などさまざまである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 15:23
エールフランス (Air France)
エールフランス (Air France) はフランスの航空会社で、かつては国営だった。1933年会社設立。フランスのいわゆるフラッグ・キャリアである。

かつては超音速航空機、コンコルドを運行したことでも知られ、日本では長年、クイズ番組パネルクイズアタック25のスポンサーを行っていたことでもおなじみ。

オランダのKLMオランダ航空と、持株会社方式で経営統合が行われた。持株会社の名前は、エールフランス-KLM。

垂直尾翼のデザインはフランス国旗をデザインしたもの。なお、かつては台湾線を「エールフランス・アジー」(Air France Asie)名義で運航していた。同名義の塗装は垂直尾翼の赤い部分も青に変えられていた。

2005年6月6日より、KLMとマイレージプログラムを統合しFlying Blueとして新たに発足した。

加盟アライアンス:スカイチーム
拠点空港:シャルル・ド・ゴール空港
日本乗り入れ空港
成田国際空港(第1ターミナル)
中部国際空港
関西国際空港
エールフランス(日本語版)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 15:09
三位一体(さんみいったい)
三位一体(さんみいったい、または、さんいいったい)は、カトリック・東方正教会・プロテスタント等のキリスト教主流派の中心的な教義の1つ。4世紀に確立された。ギリシャ語で (Αγία Τριάδα)、ラテン語で (Trinitas) という。これに対してユニテリアンなど三位一体を認めない教派もある。

教義
「父なる神」と「ロゴス (λογος) である子なるイエス・キリスト」と「使徒などに下された聖霊」(東方正教会では聖神)の3つが、皆尊さが等しく、神は固有の三つの位格(自立存在: 希 υποστασις (hypostasis), 羅 persona)でありながら、実体(希 ουσια (ousia), 羅 substantia)は同一であるという意味。

これら3つの位格はしばしば簡潔に父と子と聖霊と言い表される。また、東方正教会では神における三つの自立存在 (υποστασις) を強調するため、一の語を用いず、「聖なる三」(希 Αγία Τριάς: hagia trias. 日本ハリストス正教会の訳語では至聖三者)という。

アウグスティヌスは三位格の関係を「言葉を出すもの」父、「言葉」子、「言葉によって伝えられる愛」聖霊という類比によって捉えた(『三位一体論』)。三者はそれぞれ独立の相をなしつつ、一体として働き、本質において同一である。これは西方神学における三位一体理解の基礎となる。また西方では「力」である父、「愛」である子、「善」である聖霊という理解も見られる。

これに対して、東方では、三位格の独立性・自立性を主張する論が多くみられる。三位はそれぞれ自立しながら、その完全性のゆえに互いに優劣をもたない。ゆえに他を排することなく、その交わりは完全であり、互いを異なる存在として区別することなく、一体であるとする。

東方正教会ではアンドレイ・ルブリョフによる『至聖三者』の聖像が唯一正当な至聖三者の図像表現として認められる。これは西方にも伝わり、聖像を用いる教派で使われている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:51
聖霊(せいれい)
聖霊(せいれい)とは、キリスト教の正典のひとつてある新約聖書に登場するギリシャ語のπνευμα(プネウマ)、ヘブライ語のルーアハのこと。特にカトリック教会、東方諸教会、プロテスタント教会では、三位一体という教理で、神の三つの位格(ペルソナ)の内のひとつ。東方正教会に属する日本ハリストス正教会では、相当する概念を聖神(せいしん)または神聖神(かみせいしん)と呼ぶ。
e0065268_19231940.jpg

ルーアハ
ルーアハは、聖書の中には火の柱、燃える藪、霊的な息吹 (ギリシア語、Pneuma) といって神秘的な秘蹟の記述があり、そのうちの霊的な息吹、「風はいずこより来たりて、いずこへ行くかを知らず。されど、風の吹くところいのちが生まれる」というふうにそっけなく訳されたりしているが、この「風」が元のヘブライ語では、ルーアハである。また、創世記の中天地創造においてエロヒムが天と地を分けた際地の水面をおおっていたのもルーアハ、ヤーヴェ・エロヒムがアダムの体に鼻からいれたのもルーアハである。

霊的な息吹、気、空気、精神、霊、そして「聖霊」とも訳され定訳はない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:46
巫(ふ、かんなぎ)
巫(ふ、かんなぎ)は、巫覡(ふげき)とも言い、神を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人々を指す。

シャーマニズムによるシベリア、アメリカ原住民、アフリカなどにみられるシャーマンも同様である。

自らの身に「神おろし」をして神の言葉(神託)を伝える役目の人物を指すことが通例である。古代の神官は、ほぼ巫と同じ存在であった。祭政一致の社会であれば、彼らが告げる神託は、国の意思を左右する権威を持った。

「かんなぎ」と言う場合は、特に日本の巫を指す。現在、神職の一般呼称である「神主(かんぬし)」とは、本来、文字通り神掛かる役目を持つ職のことであった。 日本においては古来より巫の多くは女性であり、巫女(みこ、ふじょ)という呼称で呼ばれることが一般的である。ただし現代において巫女という場合、単に神道における神職を補佐する女性の職の人々を指す言葉として使われることが多い。また、地方によっては「イタコ」という名称の職もある。

巫の能力
巫は一般には、次のような存在と受け止められている。

神や精霊など、神界・霊界・自然界の超物理的な存在と交流する力または立場を持っている。この交流を交信ともいう。
祈祷などの手段で己の意識を特殊な状態(トランス状態の一種と言われている)に置き、交信する対象の存在に明け渡すことで、対象の言葉(託宣、神託)を知ったり人々に伝えたりすることができる(伝えることを役割とする)
即ち一種の超常的な力を持ち、超常的な存在と交信する能力があって、それを以て的確な答を神託を求める人々に返すことができると見なされている。

一方、神託を授けていた一部の巫は、もっと現実的な別の能力に優れていたらしいことが、最近の研究で指摘されている。それは即ち、情報収集力と、政治的視野に立った判断力である。

例えばギリシャのデルポイにおけるアポロンの神託は、古代ギリシャ世界では大変な権威を持っていた。そのためデルポイには各地から都市国家の使者を含む多くの人々が集まり、またそれを目当てに無数の民衆も集まっていた。
そして神託を下すアポロンの神官たちは実は、デルポイに集まる群衆から各地の情報や巷の噂などを収集し、それらを総合して独自に世界情勢を把握していた、という。

古代日本でも邪馬台国の卑弥呼や大和王権の代々の巫女たちが国家権力になっていた。それは国家の庇護を受けたと言うだけでなく、国家に集まる情報を活かして総合的な判断ができたから、と考えることもできる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:37
アニミズム(Animism)
アニミズム(Animism)はすべてのもの(生物・無機物を問わない)の中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。19世紀後半、イギリスの人類学者、E.B.タイラー卿が定着させた。日本語では「汎霊説」などと訳されている。
e0065268_13562915.jpg

霊的存在が肉体や物体を支配するという精神観、霊魂観は、世界的にひろく宗教、習俗の中で一般に存在しているため、かつては原始的な未開社会のものであると考えられた。レヴィ・ブリュールの『未開社会の思惟』など、民族学や文化人類学の南太平洋(トロブリアン島)やアマゾンの先住民の思考を参照のこと。

汎神論
汎神論(はんしんろん=pantheism)とは全ての物体や概念・法則が神性を持つ、あるいは神そのものであるという(神を擬人化あるいは意思のある存在としてだけで捉えない)思想・見解のこと。

英語のpantheism、ギリシア語のpan(=全て)とTheos(=神)を語源にする語で、文字どおり「全ては神」で「神は全て」である事を意味する。

万物に神性が宿るならば神性の有無を論じるのは無意味であって無神論と分類される場合も少なくない。汎神論を否定する理由としては、森羅万象を神と定義づけてしまうと人間の中にも神が宿っていることとなり(実際、神道において神と人の境界は曖昧である)、それは即ち人間が犯す罪は神が犯した罪ということになるためであるとされる。一神教にとっての神を唯一無二の存在(唯一神)であるとするためには、人間を含む自然界を超越した存在でなくてはならないからだ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:34
精霊(せいれい)
精霊(せいれい、しょうらい、しょうりょう)は本来仏教用語で、死者の魂を指す。その場合にしょうらい、しょうりょうなどと読む。精霊流しも参照。
e0065268_1945114.jpg

アニミズム(万物有魂論)的世界観における、万物の根源をなす気、万物に宿る魂が人格化したものを「スピリット(spirit)」と言うが、精霊はこの訳語としても使われている。

アジアの伝統音楽では、「精霊の声が笛を吹く前から聞こえてくる」というようなアナロジーを使って、正しい演奏法を指導した。このようなアナロジーの使用は、認知心理学や音響学が未発達だった時代に、どのように後世へ演奏美学を伝えるかという、古来からの先祖の知恵である。

錬金術では四大元素に対応した精霊が以下のように定められている。この場合の精霊は、「エレメンタル(elemental)」の訳語である。

地の精:コボルト(またはノーム)
水の精:ウンディーネ
火の精:サラマンダー
風の精:シルフ
エレメンタルは、ファンタジー作品においては擬人化した姿で描かれることも多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:25
精神
一般用語としての精神(せいしん)は、心、意識、気構え、気力、理念といった意味を持つ言葉。
e0065268_19145792.jpg

西洋哲学用語としての精神は、知性的存在者の認識能力、意志能力、判断能力の総称であり、論者によっては理性、悟性、知性などと同義に用いられる。まれに魂と同義に用いられるが、一般には、感情、知覚、受動性にかかわる能力とされる魂に対して、精神は能動的で知性的な働きとされることが多い。

キリスト教を待たずすでにギリシア哲学においても、人間の能力に卓越したものとして神を考える傾向があり、このとき神は人間より高次の精神をもつものとされる。そこで両者の差異をいうため「人間精神」「神的精神」の区別が立てられることも多い。

一般に精神は、魂ないし知性をもたない物質、あるいは魂を持つが知性を持たない生物(動物・植物)との対立に置かれる。一方で唯物論においては一般に精神を独自の存在としてたてず、精神を人間等の体内での微小物質の運動として記述することが古代より行われてきた。

ルネ・デカルトは実体を延長と精神に分け、後者のみに能動性を認めた。これに対してライプニッツは物質にも自発運動を認める一方で、精神を実体の知性的な自己表現力として、たんなる知覚や感覚から分け、デカルトにおいてはひとつの概念であった明晰判明を明晰性と判明性に分け、判明性を精神のメルクマールとした。

ライプニッツ=ヴォルフ学派においては人間の明晰な精神活動は、さらに、判明な上級認識能力である悟性および理性と、混雑した下級認識能力である感性に分類される。論理学は上級認識能力による認識の規則の学であり、形而上学としての哲学に規則を与えると考えられる。バウムガルテンは下級認識能力である感覚の論理学を構想し、これに「アエステーティカ」(感性学、美学とも訳す)の名を与えた。

なお欧米語では認識能力としての精神は、判定の能力から転じて社交における知的表出の能力としても捉えられる。仏語のエスプリ、独語のガイストには「機知」「生気」の意味合いも含まれる。ことに仏語ではエスプリは冗談や笑い噺を意味するもっとも一般的な語として用いられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:21
医学(いがく、medicine, medical science)
医学(いがく、medicine, medical science)は、生体の構造や機能などについての知見に基づき、外傷や疾患の性状、原因についての知識を蓄積し、その予防、検査、診断、治療の方法(医療)を探究する学問である。欧米では医学を応用科学に含めるのが一般的だが、日本では日本十進分類法に見られるように自然科学に含めるのが一般的であった。

歴史
現代では、西洋的な実証主義に基づく医学を西洋医学、東洋の伝統医学の知識に基づく医学を東洋医学とも呼ぶ。

西洋医学
医学の歴史は古い。古代ローマのガレノスがアリストテレスの哲学(学問の集大成)を踏まえ、それまでの医療知識をまとめ、学問としての医学を確立した。ガレノスはその後、数百年ものあいだ権威とされた。 ルネッサンス期に実証的な研究がはじまり、それまでの医学は否定されていった。
近年では、より厳密な実証を求めるエビデンスに基づく医療が提唱され、次第に医学界に浸透しつつある。

代替医療・伝統医学
西洋医学と異なる独自の理論・治療体系をもつ医学分野。国によっては医療制度に組み込まれ - 大学などで研究・教育が行われている。
伝統医学 … アーユルヴェーダ - ギリシャ医学 - 中国医学 など
代替医療 … ホメオパシー - オステオパシー - カイロプラクティック など

論議
医学への批判には長い歴史がある。西洋中世では、医者はキリスト教徒の職業とはみなされていなかった。病気は神の恵みであり、医療は神への冒涜とされた。当時は理髪店による外科手術が行われていて、これは学術的な医学が発達するまで広く行われていた。

20世紀になり、医者は患者の健康を劇的に改善する技術の向上に力を注いだ。これは、しかしながら、心のない、機械的な治療として非難されるようになった。1970年代になると、専門的な知識を集め、1980年代にはまとまった議論となりはじめた。

最も辛らつな批判を行ったのは、イワン・イリイチ『脱病院化社会』(Medical Nemesis、1976年)であろう。イリイチの意見では、現代医療は病気を取り除く際に健康を取り戻すことをせず、結果的に健康を損なっている。人間は、この見方では一生患者なのである。他の急進的な哲学者も同様の意見を述べているが、ここまで強く主張することはない。

これらの現代医学への批判は、医学を教える大学・学校の教育課程に影響を及ぼしている。現在は教育時に医療倫理が重視され、生物心理社会的介入モデルや同様の概念などの全体論的医学の重要性を教えるようになっている。

現代医学が、多くの批判に応え切れていない現実から、代替医療に向かう多くの人がいる。これらは科学的にはまだ根拠に乏しいが、症状の改善が見られるという報告もある。

医師免許について
日本では
大学医学部または医科大学校医学科を卒業すれば医師国家試験の受験資格が与えられる。東洋医学の単独の医師国家試験免許はない。日本では、医師免許があれば、西洋医学、東洋医学に分け隔てなく、医療行為を施すことが可能である。

中国では
西洋医学専用の大学、東洋医学専用の大学があり、それぞれ国家資格がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 13:42
箕面市
箕面市(みのおし)は、大阪府北部に位置する市。
英文での表記は MINOH CITY である。

都道府県 大阪府
面積 47.84km²
総人口 125,982人(2005年3月31日)
隣接自治体 池田市、豊中市、吹田市、茨木市 豊能郡豊能町 兵庫県川西市

歴史
1956年12月1日、箕面町と豊川村が合併し市制施行。 古くから修験道の道場であった。 勝尾寺、瀧安寺、延喜式内大社である阿比太神社などがある。

地理
南部は西国街道だった国道171号が横断している。 西南部には箕面川が流れ、それにやや離れる形で阪急電鉄箕面線が走っている。 中部から北部にかけては山間地で、箕面滝などの滝やダムなどがある。北部は国道423号が横断しているが、南部とは山に阻まれ地域的に一体とはなっていない。 中央部は南から新御堂筋(国道423号)が縦断しており、現在北部の国道423号と接続するために箕面有料道路の建設が進められている。

産業
阪急電鉄箕面駅周辺から箕面大滝付近にかけて、また勝尾寺周辺は新緑や紅葉の観光地として有名である。 古くから阪急電鉄の観光開発などにより、箕面公園が整備された。また、箕面温泉、箕面観光ホテルなどある。 市域南部・新船場地区には船場繊維団地として繊維問屋などの流通施設などが集まっている。 そのほか、大阪市などの衛星都市・ベッドタウンとしての性格が強い。
また2003年から市域中心部・かやの中央に大規模な商業施設カルフール(イオンマルシェ)を含む、箕面マーケットパークVISOLAが完成し、新たな産業スポットとなっている。当初、若年者の雇用創出を期待されたが、現状としてはパート・アルバイトがメインで安定雇用には結びついていない。オープン当初は慢性的な交通渋滞を引き起こし、一時問題となった。最近は閑散としている。
箕面船場地区では船場繊維団地が形成されていたが繊維の生産拠点の海外流出のため衰退し、最近は空き施設を建て替えた大型パチンコ店、遊技場や温泉を備えた施設などが開設されている。
大阪府北部農業協同組合の本店がある。

環境
市の西南部は旧来の市街地・住宅地が広がり、市の東南部は新興住宅地や農地が広がる。 市域北部3分の2は山地であり、明治の森箕面国定公園として保全されている。 箕面山は国指定名勝である。

名所・旧跡
箕面の滝(日本の滝百選)
勝尾寺
萱野三平記念館涓泉亭(討ち入り前に自刃した赤穂浪士)
箕面温泉

出身有名人
笹川良一
鈴木杏樹(女優)
魚住りえ
純名りさ
ドン・フジイ(プロレスラー)
出典: 『関西デジタル・アーカイブ 箕面市 』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 13:01
トップ