南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
旅行(りょこう)
旅行(りょこう)とは、人が徒歩もしくは何かしらの交通手段を用いて、空間的、物理的に移動することである。単に旅(たび)ともいう。

「たび」の語源としては、旅する先々で物を乞うことから「たまへ(ください)」が変化した説や、他人の家の火で調理された食事を請ける「他火」を意味するなどの説がある。

目的
旅行には、通常は目的地がある。その目的地に行って、観光、気晴らし、放浪、商用、帰省、様々なことを行なう。また、その移動過程を楽しんだり、移動中にも観光などを行なうこともある。特殊な例では移動そのものが目的の場合もある(鉄道旅行を参照)。

歴史
今日のように一般庶民に移動の自由が公には認められていなかった時代、人は宗教的な巡礼、神社仏閣への参拝を理由に旅をすることが多かった。日本では、伊勢参り、善光寺参拝など、ヨーロッパでは、キリストの聖杯、聖遺物、やその使徒のだれかれの遺物が安置されているといわれる大寺院、修道院への巡礼が盛んに行われた。そのことを示す例として、日本の初期の鉄道は、伊勢への近鉄、高野山への南海、成田山への京成、高尾山への京王と多くが、社寺参拝のために作られたことが挙げられる。

それが、旅の旅行者への宿泊の世話や病人のケアからホスピス、病院を生み出す元になったり、また近世に入ってからは、イギリスの裕福な市民層の師弟の学業の仕上げとしての「グランドツアー」、家庭教師同伴の長期にわたる海外遊学が、広く行われる様になり、それを世話する業者という旅行代理店が登場した。今日も存続しているトーマス・クック社は当時の創業になる。またこうした流行が、明治以降の日本に輸入されて、学校の修学旅行になった。

またアメリカでは、金鉱の発見などにより、西部開拓という大移動、旅行ブームを引き起こし、以後、放浪者、「ホーボー」や、ビートニックなどの運動でも旅、旅行は新しい文化の呼び水になった。

戦後の日本では、1960年代の高度経済成長のころから一般の人が旅行に出かけるようになった。まず企業従業員による団体旅行(いわゆる慰安旅行)が盛んになった。目的地は大都会から数時間で行ける温泉地が多く、鬼怒川温泉、熱海温泉、白浜温泉などに巨大な温泉旅館が立ち並び温泉街が形成された。1970年代になると若者の個人旅行が活発になり、若い女性を中心としたアンノン族が京都や軽井沢や中仙道の妻籠宿などに大挙して押しかけた。また長期間旅行をするための巨大なリュックサックを背負ったカニ族(狭い通路を横向きになって歩くことから命名)が主に北海道に現れた。現在の日本では旅行の形態は多様化しており、各観光地は自分独自の特徴を打ち出して集客に務めているが、最近『癒し』を特徴とする観光地や施設が増えている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:16
<< 個人旅行(こじんりょこう) ペンテコステ(Pentecoste) >>
トップ