南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ペンテコステ(Pentecoste)
ペンテコステ(Pentecoste)は聖霊降臨(せいれいこうりん)とも呼ばれる新約聖書にあるエピソードの1つ。イエスの復活・昇天後、祈っていた使徒たちの上に神からの聖霊が降ったという出来事のこと、およびその出来事を記念するキリスト教の祝祭日。聖霊降臨祭、聖神降臨祭、五旬節、五旬祭ともいう。
e0065268_13485061.jpg

東方正教会では聖神降臨祭として十二大祭のひとつ。教会暦での日付の起算日のひとつでもある。

概説
聖霊降臨に関する記事は新約聖書の『使徒行伝』2章1節~42節にみられる。それによれば、復活したイエスは弟子たちに「近いうちに聖霊が降る」ことを告げて天に上っていく(キリストの昇天)。それから10日後、ユダヤ教の五旬祭の日に使徒と聖母マリアが集まって祈っていると、激しい風のような音が聞こえ、天から炎のような舌が降った。使徒たちは聖霊に満たされ、さまざまな国の言葉で語り始めた。地中海世界全域からディアスポラのユダヤ人たちがエルサレムに集まっていたが、使徒たちが自分の地域の言葉で語っているのを聞いて驚いた。ペトロが中心になってイエスの死と復活の意味について語ると多くの人が洗礼を受け、使徒たちのグループに加わった。これが聖書が語る聖霊降臨の出来事である。

歴史的にはペンテコステという名前はギリシャ語の"Pentékosté"(50の意)に由来しており、本来はユダヤ教の祭日シャブオットのギリシャ語訳である。シャブオットは過越祭の50日後に祝われる祭りであり、もともとは春にえられる最初の収穫に感謝する農業祭であった。しかし、シャブオットがキリスト教徒によって聖霊降臨の出来事と結び付けられ、本来の意味を失ったようである。

キリスト教の聖霊降臨の日は、復活祭から(その日を第一日と)数えて50日後に祝われる移動祝日(年によって日付が変わる祝日)である。日付は毎年異なるが、五月初旬から六月上旬の日曜日に行われる。

各国によって聖霊降臨の日の祝い方はさまざまである。たとえばイタリアでは炎のような舌を象徴して式中にバラの花びらをまく。フランスでは激しい風のような音がしたことをあらわして式中にトランペットがふかれる。ドイツでは牝牛に花冠をつけ引き回す。

また、ペンテコステ教会というキリスト教の一派は個人個人における聖霊の働きを強調し、その重要性ゆえ自らの教会にペンテコステを冠している。多くのキリスト教諸派において聖霊降臨が教会がたてられた日であるという認識がなされている。

聖霊降臨を描いた芸術作品は多いが、特に有名なものとしてエル・グレコの絵画『聖霊降臨』がある。

なお、ユダヤ教のペンテコステに関してはシャブオット、七週の祭、五旬節を参照のこと。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:10
<< 旅行(りょこう) ローマ教皇(英Pope、伊Papa) >>
トップ