南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ローマ教皇(英Pope、伊Papa)
ローマ教皇(ローマきょうこう、英Pope、伊Papa)は、キリスト教の一大教派であるローマ・カトリック教会の最高位聖職者であり、政治的にはバチカン市国の元首である。
e0065268_13463621.jpg

日本のマスコミでは一般にローマ法王とも呼ばれているが、これは俗称であるため、カトリック中央協議会では呼び方をローマ教皇に統一しようとしているがいまだに実現していない。

現在の教皇は、ベネディクト16世(在位 : 2005年4月19日 - )。

称号
カトリック教会の典礼及び教会法の中での呼称は、教皇である。

敬称として「聖下」または「パパ (Papa)」などがある。これらの名称のほかに「バチカン市国の元首」「カトリック教会の最高司教」「西欧の総大司教」「イタリアの首座大司教」「ローマ管区の首都大司教」「ローマ教区の司教」「キリストの代理者」「神の代理人」「使徒の頭の後継者」「全カトリック教会の首長」などの称号で呼ばれることもある。自称としては「神のしもべたちのしもべ」ということがある。

歴史
古代:ローマ司教座の権威の確立
初代キリスト教会の使徒ペトロ殉教の地・墓所としてローマは聖地の一つであり、ローマ教会は古くから歴史的に尊重されてきた。またローマ帝国最大の都市であるローマには早くから信徒集団が確立し、その長であるローマ司教は早い時期に教会内で一定の権威をもつ存在となっていた。

かつて、北アフリカ地域(エジプト、リビア)の教会で首位にあった「アレクサンドリア(コプト)教会」の総大司教と、ラテン系地域の教会で首位にあった「ローマ教会」の総大司教が「教皇」と呼ばれていた。しかし、コンスタンティヌス帝が、首都をローマからコンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)に移した後は、教会行政の中心が帝国の東側に移行した。そして、五大総司教座と呼ばれる5つの教会がとくに権威あるものとして確立してくると、その序列が問題となった。東ローマ帝国(ビザンティン帝国・ビザンツ帝国)の首都コンスタンティノポリス教会の総大司教(総主教)が「世界総大司教」として二番目の首位を占めるようになり、ギリシア語を主に用いる東方ではこれら五つの教会の大司教をそれぞれ「教皇」と呼ぶようになった。

6世紀末、時のローマ教皇グレゴリウス1世は、ゲルマン人の間に盛んに布教を行い、西欧各地の教会を支配下に治めて、勢力を拡大したので、「ローマ教会」は東ローマ帝国皇帝に対して独立の地位を獲得していった。このため西方教会では、ローマ教会の総大司教のみを「教皇」と呼ぶようになる。特にカルケドン公会議以降、新約聖書のマタイによる福音書第16章に、イエスが12使徒のうち最初の弟子であるペトロに残した「あなたはペトロ (Πετρος)。わたしはこの岩 (πετρα) の上にわたしの教会を建てる。」(『新共同訳聖書』日本聖書協会より引用)の言葉が、ローマ総大司教をペトロの後継者として権威を高めるために強調された。

西方と東方の分離
西方教会が独立性を獲得する一方で、東方の東ローマ帝国および東方教会との文化的・政治的・宗教的亀裂も増していった。この亀裂は8世紀以降、争点を変えつつの形で顕在化し、ついに1054年大シスマ(東西分裂)といわれるキリスト教世界の分裂に至る。

首都の移行後まもなく西方のラテン系地域の西ローマ帝国が滅んだ後、西方のローマ教会は、6世紀の東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世がイタリア半島を再びローマ帝国領にしたため東ローマ帝国の皇帝の支配・庇護下に置かれていたが、徐々に東ローマ皇帝やコンスタンティノポリス教会と、教義や文化、教会の主導権をめぐって対立するようになる。

中世以降
分裂以後のローマ教皇の影響力は当然ながら西方教会の内部に限られる。しかしそれは同時に、西方教会という制約においてローマ教皇が「神の代理人」として隔絶した宗教的権威を確立していく道程でもある。

中世から近代にかけて、ローマ教皇は単なる宗教的権威であるだけでなく、イタリア中部を中心に広大な領地「ローマ教皇領」を領有する一領主でもあった。ローマ教皇は神聖ローマ帝国などとの世俗権力との対立も歴史的に抱え込んだ。これには聖職叙任権闘争のような宗教政策の対立と、ローマ教皇領の領主としての教皇が他の諸侯ともつ世俗的対立がある。世俗権力との対立は、中世末期から、アヴィニョンへの教皇庁移転(教皇のバビロン捕囚)のように教皇庁側の全面的な譲歩に終わる様相を多々見せるようになる。世俗権力への妥協は、時に別の勢力の離間を招いた。そのような離間に、あるいはマルティン・ルターの離脱であり、また神聖ローマ皇帝カール5世の姉キャサリン・オブ・アラゴンとイングランド王ヘンリー8世の離婚許可(婚姻無効宣言)を出さなかったことによるイングランドの離間と英国国教会の創設がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 15:06
<< ペンテコステ(Pentecoste) ミネラル(Mineral) >>
トップ