南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
漢方医学(かんぽういがく)
漢方(かんぽう)、漢方医学(かんぽういがく)とは 伝統中国医学の系譜で、日本で独自に発達した伝統医学の総称。現在は漢方薬による治療のみを指すことが多いが、元来は鍼灸や按摩、食養生なども含む。
e0065268_1435729.jpg

漢方という語は江戸時代にヨーロッパの医学(蘭方医学)が伝わり始めた頃に、そちらと区別するために使われるようになった。

診察法
症状を含めたその患者の状態を証と呼び、証によって治療法を選択する。証を得るためには、現病歴を聞き腹診等を行うだけではなく、患者を医師の五感でよく観察することがまず必要である。

証の分類と治療法の選択について様々な理論化がなされたが、例えば気血水理論では、人間の体の中を巡っている「気」(仮想的な「生命エネルギー」のようなもの)、「血」(西洋の医学の血液ではない)、「水」(同じく西洋医学のリンパ液ではない)の流れをバランスよく滞りない状態にするのが狙いになる。また、陰陽五行説も用いられた。

漢方が用い得た方法論的な限界によるものだが、臨床検査データに頼りがちな現在の医療に対してある程度補完的な役割を果たしている。また、患者を医師の五感でよく観察すべし、という診察の心得はあらゆる医師にとって初心である。

具体的な処方
漢方薬


薬膳
気功
e0065268_143372.gif

漢方医学の歴史
前漢(紀元前202年〜紀元8年)の時代には『黄帝内経』という現在知られている最古の医書が編纂されている。後漢(25年〜220年)の時代に張仲景により『傷寒論』『金匱要略』が編纂される。例えば傷寒論はインフルエンザ等の急性熱性疾患をモデルに病勢の進行段階と治療法を論じた。伝統中国医学は張仲景によって初めて理論的に体系化されたともいわれる。

金・元時代(960年〜1367年)には金元四大家と呼ばれた劉完素、張子和、李東垣、朱丹渓らが現われる。黄帝内経の理論を元に六淫理論、四傷理論といった新しい理論が表された。一方南宋では「太平恵民局」という公立の薬局が設けられて医者や官民に良質な薬を提供するシステムが構築され、宋慈が『洗冤集録』という世界初の本格的な法医学書を著しており、こうした成果は南宋を滅ぼした元王朝にも継承された。

また、明の時代に医師の李時珍が『本草綱目』を著して薬学・本草学の分野でも大きな進歩があった。

日本には朝鮮半島を通じて、あるいは遣隋使・遣唐使によって中国から伝えられた。982年には現存する日本最古の医書『医心方』が丹波康頼によって編纂された。13世紀頃には禅宗の僧が医学の担い手となった。

明治以降は西洋医学を学び医師免許をとらなければ医師と名乗ることが出来なくなった。現在でもこの規程は有効であり、純粋の漢方医は日本には存在しない。ここに至り遂に 漢方は壊滅の危機に瀕したが、1910年に和田啓十郎が『医界之鉄椎』、その弟子の湯本求眞が『皇漢医学』(1928年)を著わし漢方医学の復権を訴え、西洋医学を学んだ医師が漢方も学び実践する形で生き長らえた。1950年には日本東洋医学学会が発足。1976年には漢方方剤のエキス剤が健康保険適用になり、広く用いられるようになった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 14:04
<< 気功(きこう) カオス(Χάος) >>
トップ