南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ガリア戦記
ガリア戦記は、ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が自らの手で書き記したガリア戦争の遠征記録。
e0065268_18494674.gif

指揮官カエサル自らが書いた本書は、簡潔、明晰かつ洗練された文体で文筆家カエサルの名を不朽のものとした。
また文中の所々にガリア人・ゲルマン人の風俗についての記述があり、研究上の重要な史料と位置付けられている。 更に、東洋とは違い欧米の政治家・軍人には回顧録等を書く者が多いが、その最初がカエサルによるこの書であると思われる。

紀元前58年から同51年にかけて8年間にわたるガリア遠征について記述した本書は全8巻から成る。

第1巻(紀元前58年)
ヘルヴェティ族との戦争、ゲルマン人との戦争
第2巻(紀元前57年)
ガリア北東部(ベルガエ人たちの居住地)への遠征
第3巻(紀元前56年)
大西洋岸諸部族との戦争
第4巻(紀元前55年)
ゲルマニア(現ドイツ)遠征、ブリタニア(現イギリス)第1回遠征
第5巻(紀元前54年)
ブリタニア第2回遠征、ガリア遠征初の大敗
第6巻(紀元前53年)
ゲルマニア第2回遠征
第7巻(紀元前52年)
ガリア人大反攻、アレシア攻防戦
第8巻(紀元前51年)
戦後処理、本巻はヒルティウスの著

参考文献
カエサル『ガリア戦記』岩波文庫
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 12:05
<< カオス(Χάος) ガイウス・ユリウス・カエサル >>
トップ