南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
栄養ドリンク
栄養ドリンク(えいようどりんく)とは、肉体疲労時の栄養補給などを目的で販売されている飲料、ドリンク剤である。
e0065268_14212722.jpg

ビタミン類、カフェイン、朝鮮人参、漢方薬由来成分のエキスなど、およそ疲労回復や健康維持に効果が期待できる成分の全てが処方されている。

含有成分によって

医薬品
医薬部外品
清涼飲料水
に分けられる。

位置付けとしては、機能性飲料よりも直接的であるが、薬未満と言えよう。

オロナミンCなど、従来より一般の小売店で売られていたカフェインを含まないドリンク類は、清涼飲料水扱いされる。

外見
外見は茶色、もしくは緑色のガラス瓶にスクリューキャップの栓というものが一般的である。内容量は概ね100ml未満である。

ときおり容量のアップや形状を工夫するなど差別化を図る意欲的な新製品も現れるが、愛用者はことに保守的なデザインを好む傾向が強いらしく、成功には至っていないようである。

販売価格
価格は、1本100円程度から3,000円以上のものまであるが、ドラッグストアやスーパーマーケットなどのセールの目玉商品として、主に医薬部外品扱いのものが10本で500円程度からといった手頃な価格で売られているものもある。

服用上の注意
栄養成分の多いものは医薬品として、長らく薬局やドラッグストアの店頭でのみ販売が行われていたが、2001年頃の規制緩和より、主力商品が医薬部外品に変更されてコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも販売されるようになった。ただし、栄養ドリンクといえども成分中には、多量の摂取が好ましくないカフェイン(コーヒーの10倍以上の濃度)などが含まれており、服用には注意が必要である。少なくとも乳幼児の服用や1日に何本も飲むことは避けた方が無難である。

主な栄養ドリンクの種類
リポビタンDシリーズ、ゼナシリーズ、アルフェシリーズ(大正製薬)
ユンケルシリーズ(佐藤製薬)
ハイゼリーシリーズ(ゼリア新薬工業)
ビルトンシリーズ(中外医薬生産)
レッドブル
マキシモルソリューションズ
チオビタシリーズ (大鵬薬品工業)
エスカップ(エスエス製薬)
リゲインシリーズ (三共)
アリナミンドリンクシリーズ (武田薬品工業)
グロンサン、新グロモント (中外製薬→ライオン)
アスパラシリーズ (田辺製薬)
ベッセンシリーズ (JTライフィックス→日本医薬品工業)
ローヤルスターシリーズ (JTライフィックス)
チョコラBBドリンクシリーズ (エーザイ)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 11:17
<< 物語(ものがたり) ビジネスマン(英:Busine... >>
トップ