南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ビジネスマン(英:Businessman)
ビジネスマン(英:Businessman)とは、英語の原義では実業家・若しくは企業内の地位が高く事業に於いての決定権を持つ人(重役)を指すが、日本では特に営業を主とする交渉ごとに関わる会社員を指してもこう呼ぶ。古くは同じ立場にある人を指して営業マン(えいぎょう - まん)・また商社に務めている人は商社マン(しょうしゃ - まん)とも呼んだ。

なお注意すべきは、同じ立場にある女性の場合に“Businesswoman”(ビジネスウーマン)という呼称が用いられるが、海外では米語スラングで街頭の売春婦をこう呼ぶケースがある他、性別を強調している事から性差別と取られかねないとされる。性差を含まない呼称としては、“Business person”や“Business people”というものがある。

概要
日本における同語の扱いは、ホワイトカラー労働者のうち、事務や経理といったデスクワーク中心の業務を行わない、商業取引の場で活躍する人を指す。特に1970年代以降、日本の商社マン(商社の外部交渉を行うサラリーマン)は世界中の企業・国家・団体を相手に商取引に奔走し、またその労働によって得られる対価も一般のホワイトカラー労働者と比較して、高額となる傾向が強い事から、一種の羨望を込めてこう呼ばれる。

経緯
明治時代以降、資源の乏しい日本にあっては、これら商社マンの調達した原料を日本国内で労働者が加工・製品とし、これを商社マンが海外で販売してくる事で今日の経済的な発達があったという事もあり、商社に勤めるサラリーマンは一般の労働者から尊敬され、また商社マンも日本経済を支えているという自負から、全身全霊で仕事に打ち込んでいた。

これら商社マンは時に数億円という単位の、大衆には想像を越える大金に関わることも在って、大きな尊敬を集めていたため、次第に「商社マン」という呼称と並行して、尊敬の念から1980年代頃より「ビジネスマン」という呼称が用いられだした。また次第に、企業間の(巨額な)契約を取りまとめる営業職にある人もビジネスマンと呼ぶ(または自称する)ようになった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-18 10:46
<< 栄養ドリンク ビジネス (Business) >>
トップ