南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
三位一体(さんみいったい)
三位一体(さんみいったい、または、さんいいったい)は、カトリック・東方正教会・プロテスタント等のキリスト教主流派の中心的な教義の1つ。4世紀に確立された。ギリシャ語で (Αγία Τριάδα)、ラテン語で (Trinitas) という。これに対してユニテリアンなど三位一体を認めない教派もある。

教義
「父なる神」と「ロゴス (λογος) である子なるイエス・キリスト」と「使徒などに下された聖霊」(東方正教会では聖神)の3つが、皆尊さが等しく、神は固有の三つの位格(自立存在: 希 υποστασις (hypostasis), 羅 persona)でありながら、実体(希 ουσια (ousia), 羅 substantia)は同一であるという意味。

これら3つの位格はしばしば簡潔に父と子と聖霊と言い表される。また、東方正教会では神における三つの自立存在 (υποστασις) を強調するため、一の語を用いず、「聖なる三」(希 Αγία Τριάς: hagia trias. 日本ハリストス正教会の訳語では至聖三者)という。

アウグスティヌスは三位格の関係を「言葉を出すもの」父、「言葉」子、「言葉によって伝えられる愛」聖霊という類比によって捉えた(『三位一体論』)。三者はそれぞれ独立の相をなしつつ、一体として働き、本質において同一である。これは西方神学における三位一体理解の基礎となる。また西方では「力」である父、「愛」である子、「善」である聖霊という理解も見られる。

これに対して、東方では、三位格の独立性・自立性を主張する論が多くみられる。三位はそれぞれ自立しながら、その完全性のゆえに互いに優劣をもたない。ゆえに他を排することなく、その交わりは完全であり、互いを異なる存在として区別することなく、一体であるとする。

東方正教会ではアンドレイ・ルブリョフによる『至聖三者』の聖像が唯一正当な至聖三者の図像表現として認められる。これは西方にも伝わり、聖像を用いる教派で使われている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 14:51
<< エールフランス (Air Fr... 聖霊(せいれい) >>
トップ