南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
医学(いがく、medicine, medical science)
医学(いがく、medicine, medical science)は、生体の構造や機能などについての知見に基づき、外傷や疾患の性状、原因についての知識を蓄積し、その予防、検査、診断、治療の方法(医療)を探究する学問である。欧米では医学を応用科学に含めるのが一般的だが、日本では日本十進分類法に見られるように自然科学に含めるのが一般的であった。

歴史
現代では、西洋的な実証主義に基づく医学を西洋医学、東洋の伝統医学の知識に基づく医学を東洋医学とも呼ぶ。

西洋医学
医学の歴史は古い。古代ローマのガレノスがアリストテレスの哲学(学問の集大成)を踏まえ、それまでの医療知識をまとめ、学問としての医学を確立した。ガレノスはその後、数百年ものあいだ権威とされた。 ルネッサンス期に実証的な研究がはじまり、それまでの医学は否定されていった。
近年では、より厳密な実証を求めるエビデンスに基づく医療が提唱され、次第に医学界に浸透しつつある。

代替医療・伝統医学
西洋医学と異なる独自の理論・治療体系をもつ医学分野。国によっては医療制度に組み込まれ - 大学などで研究・教育が行われている。
伝統医学 … アーユルヴェーダ - ギリシャ医学 - 中国医学 など
代替医療 … ホメオパシー - オステオパシー - カイロプラクティック など

論議
医学への批判には長い歴史がある。西洋中世では、医者はキリスト教徒の職業とはみなされていなかった。病気は神の恵みであり、医療は神への冒涜とされた。当時は理髪店による外科手術が行われていて、これは学術的な医学が発達するまで広く行われていた。

20世紀になり、医者は患者の健康を劇的に改善する技術の向上に力を注いだ。これは、しかしながら、心のない、機械的な治療として非難されるようになった。1970年代になると、専門的な知識を集め、1980年代にはまとまった議論となりはじめた。

最も辛らつな批判を行ったのは、イワン・イリイチ『脱病院化社会』(Medical Nemesis、1976年)であろう。イリイチの意見では、現代医療は病気を取り除く際に健康を取り戻すことをせず、結果的に健康を損なっている。人間は、この見方では一生患者なのである。他の急進的な哲学者も同様の意見を述べているが、ここまで強く主張することはない。

これらの現代医学への批判は、医学を教える大学・学校の教育課程に影響を及ぼしている。現在は教育時に医療倫理が重視され、生物心理社会的介入モデルや同様の概念などの全体論的医学の重要性を教えるようになっている。

現代医学が、多くの批判に応え切れていない現実から、代替医療に向かう多くの人がいる。これらは科学的にはまだ根拠に乏しいが、症状の改善が見られるという報告もある。

医師免許について
日本では
大学医学部または医科大学校医学科を卒業すれば医師国家試験の受験資格が与えられる。東洋医学の単独の医師国家試験免許はない。日本では、医師免許があれば、西洋医学、東洋医学に分け隔てなく、医療行為を施すことが可能である。

中国では
西洋医学専用の大学、東洋医学専用の大学があり、それぞれ国家資格がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 13:42
<< 精神 箕面市 >>
トップ