南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
呼吸(こきゅう)
呼吸(こきゅう)とは以下の二種類の意味がある。
e0065268_19172041.jpg

細胞呼吸:細胞が最終電子受容体として酸素を用い、二酸化炭素を放出する異化代謝系。
外呼吸:多細胞生物体が呼吸運動によって外界から酸素を取り入れ、体内で消費すること。

細胞呼吸
酸素は地球誕生時の大気には存在していなかった。しかし、原始の海に生命が発生し、光合成を行うものが出現したことで大気には徐々に酸素が蓄積された。 本来、酸素は強い酸化力をもった毒性の強い気体である。しかし、一部の生物は酸素を利用した酸化過程を通じて大きなエネルギーを利用できるようになった。現在、酸素を利用した代謝のできる生物は細胞内のミトコンドリアにより炭水化物を酸化し、最終産物として二酸化炭素と水を排出する。
外呼吸
多細胞生物が酸素を利用するに当たっては、全身の細胞にくまなく酸素を行き渡らせるため、血液によって酸素を運搬する必要がある。脊椎動物では、血中のヘモグロビンがこの役割を担う。 血中への酸素取り込みは、魚類はエラ呼吸で、陸上脊椎動物は肺呼吸で行う。エラ呼吸は水流の一定の流れを利用するが、肺は出口がひとつしかないため吸気、呼気を繰り返すことで定期的に肺内の空気を交換しなければならない。このために行う胸郭運動を呼吸運動と呼び、陸上脊椎動物はこれをやめることはできない。 人間では、延髄に呼吸運動の中枢があり随意運動であるものの睡眠中も不随意に呼吸運動が保たれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-17 09:53
<< TGV 酸素 >>
トップ