南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
南極の海に「歌う氷山」 独研究チームが観測
南極大陸周辺の海に浮かぶ氷山の1つから、歌のような音が出ている――。ドイツの研究者らがこのほど、3年前に観測した珍しいデータを発表した。そのままでは人間の耳で感知できないが、高速で再生すると、オーケストラが演奏前にウォーミングアップしているような音に聞こえるという。
e0065268_9495983.jpg

極地及び海洋研究財団アルフレッドウェーゲナー研究所のチームは、02年7月から11月にかけ、南極大陸から大西洋側に張り出した棚氷上で地震や地殻変動のデータを収集している際に、過去に例のないはっきりとした音の信号を観測した。音源を調べてみると、縦50キロ、横20キロほどの氷山が海中に張り出した陸地と衝突し、その周りをゆっくりと動いていることが分かった。氷山の底が海底に落ち着くと、その割れ目や穴を海水が勢いよく通り抜け、「氷山は歌い始めた」という。

観測された音の周波数は0.5ヘルツ前後と、人間が聞き取れる音域より低かったが、高速再生ではハチの群れの羽音のようにも聞こえた。チームの研究者によると「本物の歌と同様、音は上がったり下がったりする」という。研究の成果は、25日付の米科学誌サイエンスに掲載されている。

[PR]
by dcb0322 | 2005-11-28 09:50 | ★ニュース
<< ミラノ発、コヴァ東京がオープン 英国のパブが24時間営業開始、... >>
トップ