南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
「究極」の携帯電話 宝石をちりばめた豪華さ
ロンドンでは数年前から、庶民と同じレベルでは飽き足りない富裕層向けに、宝石などをちりばめた豪華な携帯電話が登場そている。「究極の携帯電話」の肩書きを狙って、華やかな争いを繰り広げている。
e0065268_1021515.jpg

2002年、フィンランドの携帯大手ノキアは、高級端末を専門に扱う子会社「ベルチュ(Vertu)」を設立した。プラチナや金を使った本体に、サファイアクリスタルの画面。それぞれのボタンの周りにも宝石が光る。一般の携帯電話と並ぶより、宝石店のガラスケースに収まる方が似つかわしい。そんな商品の数々が注目を集めた。価格は当時、5000ドル(約59万円)前後に設定された。

そのベルチュがこのほど、1台8万4000ドル(約990万円)という限定モデルを発表。同社の報道担当者は「最高級の素材とデザインを駆使した、まさに究極の電話だ」と胸を張る。「スポーツカーにひかれても壊れない」とされる丈夫さも、特長の1つだという。同社の顧客リストには、マドンナやビクトリア・ベッカムら、多数の有名人が名を連ねている。ただ同社の商品に対しては、「非常に高価なわりに、性能はごく平均的」(英業界誌のジャーナリスト)との指摘もある。

一方、オーストリア企業の販売部長から携帯電話製作に転向したピーター・アロイソン氏は、「高級感と高性能の両立」を目指す。同氏はウィーンに拠点を構え、注文に応じて既存の携帯電話を改造。貴金属や宝石をちりばめた高級モデルを製作している。「毎日使う腕時計やネクタイピンと同様、携帯電話にも高級版があっていいはず」と、同氏は説明する。多くの有名人らから注文が寄せられるが、年間に作るのは3台前後。価格は3万ドル(約350万円)を超えることが多いという。

同氏が今、ドイツのあるメーカーからの注文で製作している携帯電話は推定100万ドル(約1億1700万円)と、けた違いの高級品だ。部品はもちろん純金で、入手が難しいブルーダイヤモンドを2590個もちりばめるという。当面はPR用に使われるが、売却されることになれば、携帯電話の史上最高値を記録することは間違いなさそうだ。



[PR]
by dcb0322 | 2005-11-14 10:03 | ★ニュース
<< ディズニー新作アニメが2週連続... カスレ・ド・カルカッソンヌ(c... >>
トップ