南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
クレープ (仏:crepe)
クレープはパンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュ地方が発祥の料理。元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキでガレット(galette)という料理である。
e0065268_11332571.jpg

ブルターニュ地方は土地が貧しく気候も冷涼であるため、小麦の栽培が困難でそばが常食とされていた。古くはそば粥やそばがきにして食べていたが、そば粥を偶然焼けた石の上に落としたところ薄いパン状に焼きあがる事を発見し、そば粉を焼いてパン代わりに食べるようになったといわれている。石で焼いた事からフランス語で小石を意味するガレ(galet)にちなんでガレットと名づけられたというのが通説である。



その後、伝説ではスペイン王フィリップ3世の長女でルイ13世の妻であったアン王女が、ルイ13世に伴ってブルターニュ地方へ狩りに訪れた際、現地の庶民が食べていたガレットを偶然口にして気に入り、宮廷料理に取り入れたといわれている。生地はそば粉から小麦粉へ変更され、粉と水と塩のみであった生地に牛乳やバター、卵、砂糖などが加えられるように変化していった。名称も焼いた際にできるこげ模様が縮緬を連想させる事からクレープと呼ばれるようになった。

フランス風の薄焼きパンケーキの総称としてクレープという名称が使われているが、そば粉を利用したクレープについては現在でもガレットという名で区別されて呼ばれる場合が多い。小麦粉のクレープはほとんどの場合生地に甘みがつけられるが、そば粉のガレットは通常塩味である。ブルターニュ地方の伝統的な食事ではガレットとりんごで作ったシードルという発泡酒とともに供する。

クレープは巻かれたり折られたりして、様々な材料を包み込んで食べる場合が多い。クリームやフルーツなどを包み込んで菓子として食べる場合と、ハム、鶏肉、チーズ、野菜等を包みこんで軽食として食べる場合がある。


[PR]
by dcb0322 | 2005-11-04 11:32 | ☆フランスの郷土料理
<< ゆべし(柚餅子) ランキング投票のアイコン(全9種類) >>
トップ