南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
マッサージ(massage)
マッサージ(massage)は、直接皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。
e0065268_9141914.jpg

マッサージはフランスで生まれた手技療法を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や韓国式のマッサージも便宜的にマッサージと呼ぶことがある。狭義の意味でのマッサージを医療マッサージと呼ぶこともある。但し、どのようなマッサージであったとしても、マッサージの名を冠した手技を業として行うためにはあん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許が必要となる。マッサージは基本的に手で揉むが、最近ではマッサージ機が登場し、人気がある。

マッサージ店ではマッサージクリームやオイルがあり、それでマッサージを行う。マッサージ店はダイエットやツボ押し、弾力性のある肌を作るために訪れる人も多く、とても人気がある。女性の来店客が多いため女性専用のマッサージも多く存在する。健康目的でのマッサージが多いが美容やストレス解消ためにもマッサージが行われる。また、筋肉をほぐすためや固い筋肉を柔らかくするなどにもマッサージが行われ、スポーツ前にも筋肉をマッサージをすることが多い。




歴史
マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触る、フランス語のアジ(操作を行う)が語源とされ、それらが合わさってマッサージという言葉が誕生したと思われる。紀元前4世紀頃、ギリシャ医聖、ヒポクラテスが医師に対し、「マッサージの研究をすべきである。」とマッサージ療法の必要性と効力を呼びかけた。しかし、マッサージ療法は医学界の間で、効力やピポクラテスの証言は伝承されず、民族の間のみ伝わったため、民間療法として止まった。

16世紀後期、フランスの医師である、アムグロアスバレーがマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、フランス中にマッサージの効力を強く、主張するに至った。この主張によって、マッサージ療法は、医療法としてだんだん見直されるようになり、広まっていった。18世紀~19世紀頃になると、バー・ヘンリック・リング が治療体操を用いて、マッサージについても研究をする。これによって、マッサージはオランダ、ドイツ、フランス、ポルトガルなど、欧州に広まっていった。その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っている。

日本においては元々按摩が用いられてきた。明治時代、軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究する。その後、日本にマッサージを医療法の一つとして導入された。後にはマッサージ店を営業する、人たちも増えはじめ、親しまれている。

様々な効用
マッサージにはダイエット効果や美容にも効能があるとされ、多くの来店客が訪れる。マッサージにはオイルやクリームといった、物を使用して、マッサージを行うようになった。スポーツ時には筋肉をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。このようにマッサージは医療だけではなく、様々な目的で行われるようになった。さらには、マッサージを機械で行う、マッサージ機が登場し、人気を誇っている。また、浴場などの施設にも設置されている。

効能
マッサージの効能は様々である。足ツボマッサージは足のあちらこちらにある、ツボを押すのが基本。それぞれ、ツボによって効能が違うとされる。効能は腹痛や下痢、不眠、腰痛、頭痛、血液循環、老廃物除去など様々な効果があるとされる。足ツボマッサージは強く押すことによって強烈な痛みが走るため、それを嫌う人も多い。手で行うだけではなく、棒でツボマッサージを行うこともある。

ダイエットマッサージは、主に脂肪の多い、太股や腹、尻などが対象となる。特に風呂上がりに行うことが多い。もう一つ、ダイエットマッサージとしてリンパマッサージという物がある。それはリンパ液が滞ることによって老廃物が徐々に蓄積されていくことによって、肥満の原因になるとされる。それを解消するため、このマッサージをすることによってリンパ液の流れを良くし、ダイエット効果があるとされる。このリンパマッサージも本が出版されるほどで人気を誇る。ダイエットマッサージはダイエット効果のある、オイルやクリームを利用することが多く、マッサージ店では人体に熱を浴びせて、脂肪の多い部分を揉んだり、叩いたりする。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-26 09:15 | ☆特集:ハーブ
<< フォアグラ クロカンブッシュ(仏:croq... >>
トップ