南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
東京競馬場で、日本公営競技史上最高配当飛び出す
【2005年10月23日】
読売新聞など報道機関各社によると、10月22日に開かれた中央競馬、東京競馬場の第12競走において、18万4,691.2倍の払戻金が発生した。日本の公営4競技(中央競馬並びに地方、競輪、競艇、オートレース)を通して史上最高の払戻金となった。
e0065268_1853961.jpg

このレースは16頭の競走馬が出場して開かれたレースで、単勝式16番人気(最下位)のゼンノエキスプレスが優勝。以下2着が12番人気のカネスベネフィット、3着に3番人気のケイアイカールトンだった。上位3着までに入線する出場馬の馬番号を着順通りに当てる「馬番3連勝単式馬券」(3連単)で、(3)→(11)→(4)の組み合わせの払戻金が勝馬投票券10枚100円当たり1,846万9,120円となったもの。この組み合わせは全3,360通り中の3,344番人気で、的中投票数は450万4,663票中わずか18票(180枚)だけだった。

これまでの歴代最高金額配当は2005年5月13日に地方競馬・東京都・大井競馬場のレースでの1,300万390円。また中央競馬では同じ年の4月9日、福島競馬場での1,014万9,930円だったが、それらを大幅に上回るものだった。

また読売新聞によると、この東京12レースに於ける「馬番2連勝単式」(馬単・1着と2着の入線馬の馬番号を着順通りに当てる)の(3)→(11)の102万1,160円、並びに「普通馬番2連勝複式」(馬連・1着と2着の入線馬の馬番号を着順に関係なく当てる)の(3)-(11)の43万7,390円も、中央競馬におけるそれぞれの最高金額配当を更新した。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-23 18:52 | ★ニュース
<< とんぶり メントール(ペパーミントの主成分) >>
トップ