南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ユーカリ(Eucalyptus)
ユーカリとはフトモモ科ユーカリ属(Eucalyptus)に属する常緑高木の総称。オーストラリア南東部とタスマニア島におもに分布する。
e0065268_19421179.jpg

ユーカリには500種類もあり、変種も含めると800から1000もの種類になる。成長がとても早い。70メートルを超える高さになるものから、5メートル程で枝分かれする種類もある。

コアラの食物としてよく知られている。

葉から取れる精油は殺菌作用や抗炎症作用、鎮痛・鎮静作用があるとされる。オーストラリア先住民族は傷を癒すのに葉を利用した。現在ではアロマテラピーなどに利用される。また、健康茶等にも利用される。

根を非常に深くまで伸ばし地下水を引き寄せる力が強いので、インド北部のパンジャーブ地方の砂漠化した地域の緑化に使われて成功した。旱魃に苦しんでいた地方が5年程で甦った例がある。
e0065268_19424810.gif

精油の作用
ユーカリに含まれる精油成分はシトロネラール、シオネールなど。民間薬等で下記のように利用される。

殺菌作用、解毒作用 (鼻詰まり、風邪、切り傷、炎症などに使用する)
鎮痛作用により、筋肉痛、打撲の痛みを和らげる効果。
頭を明晰にして、集中力を高める。
花粉症の緩和にも効果があると言われる。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-18 19:42 | ☆特集:ハーブ
<< カシミール・印統治地区で教育相... コンソメ(仏:consommé) >>
トップ