南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
フジモリ元大統領、ペルー大統領選に出馬表明
【2005年10月7日】
2000年より日本に滞在しているペルー元大統領アルベルト・フジモリ氏は、6日東京で行った記者会見の席上、来年4月のペルー大統領選挙に出馬することを発表した。

ペルーでは来年4月に大統領選挙が行われる。朝日新聞によれば、立候補手続きは来年1月まで受け付ける。フジモリ氏は、自身の講演会の後、記者会見を行い、大統領選挙に出馬すると明言した。記者会見は日本語で行われた。

フジモリ氏は2000年11月17日、日本を訪問中に突如辞任を発表し、以後日本に滞在を続けている。事実上の亡命であるが、フジモリ氏は日系二世でペルーと日本の二重国籍者であるため、日本政府はこの滞在を容認している。のちペルー議会から罷免され、また在任中の犯罪を理由にペルーで起訴された。罪名は、殺人罪、権力乱用罪などである。ペルー政府は日本政府に犯罪者引渡しを求めたが、日本政府は、フジモリ氏が日本国籍を有していることを理由に、引渡しを拒否している。また、ペルー議会はフジモリ氏の公職追放を決議している。それによれば2010年までフジモリ氏はペルーでの公職に就くことができない。

フジモリ元大統領は1990年に大統領に当選。経済改革を進め、1992年4月議会を解散して独裁的な権力を握った。同年11月議会を再開したが、強権的な政治手法はかわらず、反発もあった。政権末期には、反対派から汚職などの権力乱用を批判されていた。

一方、記者会見で、フジモリ氏は立候補への「法的な障害はない」としている。報道では、フジモリ氏がペルーに帰国すれば逮捕されるとみられているが、フジモリ氏は支持者がそのような問題を解決するよう動いていると自信を示した。ただし帰国の時期については明言を避けた。

報道によれば、フジモリ氏は今年9月にペルー大使館で新しいペルー旅券の発行を受けている。

AP通信=米ABCによれば、ルイス・マキャベロ在日ペルー大使は、フジモリ氏の出馬表明を「嘘」と呼んだ。ペルー当局はフジモリ氏を逮捕する計画であるためという。
アルベルト・ケンヤ・フジモリについては以下参照



アルベルト・ケンヤ・フジモリ
アルベルト・ケンヤ・フジモリ(Alberto Kenya Fujimori, 日本名藤森 謙也 (ふじもり けんや)、 1938年7月28日 - )はペルーの元大統領(在職:1990年7月28日 - 2000年11月17日)。ペルーの公用語であるスペイン語では"j"は「ハ行」の発音になるため、現地ではもっぱら 「フヒモリ」と呼ばれている。(アクセントは"モ")
e0065268_11272281.gif

1938年ペルーの首都リマで生まれた。両親は1934年ペルーに移住した熊本市出身者で、出生後日本の領事に日本国籍を認められた。農業技術者としての教育を受け、ラ・モリナ国立大学総長に上り詰めた後、1990年の大統領選挙に出馬して当選。当時ペルーは経済危機に直面しており、フジモリ大統領はIMFの指導のもとにペルーの経済改革に努めた。1992年これに反対する議会を解散し、独裁的な権力を手に入れた。同年11月13日に軍事クーデター未遂があり、フジモリは一時日本大使館に避難している。また1994年にはスサーナ・ヒグチ夫人と離婚した。

1995年4月の大統領選挙で圧勝したが、この頃からフジモリ大統領の人気は陰りを見せ、1996年12月17日にはトゥパクアマル革命運動による日本大使公邸人質事件が発生した。この事件は1997年4月22日ペルー軍コマンド部隊が公邸に突入して解決したが、フジモリ大統領の独裁的権力に対する批判は次第に高まっていった。

2000年11月17日来日・滞在中、突如、ペルー政府宛て大統領辞任声明のファックスを送りつけ、実質的に日本に亡命した。日本政府はフジモリ元大領領は日本国籍保持者であるため、日本滞在には何の問題もないとした。2001年9月にはペルーの司法長官が殺人罪で起訴し、2003年3月にはICPOも人道犯罪の罪で国際手配した。日本大使公邸事件の際、投降したゲリラを射殺した容疑である。ペルー政府はその他の権力乱用罪でも日本に身柄引渡しをたびたび求めているが、日本政府は引き渡しを拒否している。

フジモリは日系人であり、ペルーと日本の二重国籍者である。1985年の国籍法改正前に日本国籍が認められているため、日本政府は事実上二重国籍を容認している。

次期大統領選に出馬する意向だが、ペルー政府は帰国し次第拘束する方針。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-07 11:28 | ★ニュース
<< 村上ファンド(株式会社M&Aコ... 「月刊少年ガンガン」(げっかん... >>
トップ