南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
芋煮会(いもにかい)
芋煮会(いもにかい)とは、河原などで鍋料理を作って食べる山形県発祥の行事である。東北の秋の風物詩。 山形県・宮城県で最も盛んであるが、福島県、秋田県でも行われている。親睦を深める行事として、家族・友人・地域・学校・職場で行うことが多い。
e0065268_12201182.jpg

由来
由来には諸説あるが、秋の稲の刈り入れどきがサトイモの収穫期と重なっており、稲の刈り入れどきに行われた鍋料理の習慣に由来するとの説がある。また、他説では、舟着き場で船頭が鍋を囲んで舟を待ったことに由来するという説(中山町長崎の説)もある。

日本一の芋煮会フェスティバル
秋になると、各地の河原でグループによる芋煮会が行われるが、そのシーズンの先駆けとして、平成元年より毎年9月の第1日曜に芋煮会のメッカである山形市の馬見ヶ崎河川敷で開催される。直径6mの大鍋に約3万食の芋煮が作られる。調理する際には重機バックホーを用いる。このバックホーは油圧系に食用油を用いており、衛生上問題ないよう配慮されている。

なお、この大鍋で作られる芋煮の味付けは、標準的な山形県内陸部で見られる、牛肉とサトイモ、醤油味の鍋である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-03 12:19 | ☆秋の味覚
<< ポトフ(仏:pot-au-feu) 宮里藍選手が大会史上最年少で優勝 >>
トップ