南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
なんこ鍋(なんこなべ)
なんこ鍋(なんこなべ)は、北海道歌志内市の郷土料理として有名な鍋料理。
e0065268_16361322.jpg

「なんこ」とは馬の腸のことで、馬の腸を味噌で煮込んだもの。もつ煮の一種。
正月や祝い事、法事などに食べることが多いという。

作り方
生の「なんこ」を沸騰した湯に入れ、約1時間ゆでる。
水気をよく切って、一口大に切る。
柔らかくなるまでさらに1時間ほど煮る。このとき臭み消しとして、タマネギを(茶色の皮をむいて丸ごと)入れる。
好みの味になるまで味噌を入れ、弱火で約30分間煮込む。
調味料として醤油やカレー粉を若干加えたり、具としてゴボウ、タケノコ、コンニャク、生卵などを加えることもある。

そのまま供したり、ご飯の上にかけたり、うどんを入れる。

なんこ料理が伝わる主な市町村(旧産炭地)
歌志内市
赤平市
芦別市
三笠市
空知管内栗沢町
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-02 16:38 | ☆北海道の郷土料理
<< 宮里藍選手が大会史上最年少で優勝 スープカレー(Soup Curry) >>
トップ