南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エスカロップ
エスカロップは、北海道根室市の地方料理。「スカロップ」とも言う。
e0065268_15472220.jpg

ライスの上にトンカツを載せ、デミグラスソースをかけたもの。通常、皿の端にサラダを添える。ケチャップライスを用いる赤エスカと、バターライスを用いる白エスカがあり、現在は白エスカが主流。白エスカのバターライスには微塵切りの筍が入っている場合がある。

1963年頃、根室駅前の洋食店「モンブラン」のシェフが考案し、短期間のうちに根室市内で普及した。「エスカロップ」(escalope)は本来フランス語で「肉の薄切り」の意味。

考案当初は、仔牛肉を使ったビフカツをナポリタンスパゲティの上に載せてデミグラスソースをかけていた。だが牛肉は高価なため、やがてトンカツを用いるようになり、スパゲティはケチャップライスに変わった。これが「赤エスカロップ」の原型である。その後赤エスカを元に白エスカが出現した。

根室市での知名度は非常に高く、市内では食事メニューとして供する喫茶店が多く、コンビニエンスストアでも「エスカ弁当」が売られており、夕食メニューにエスカロップを出す宿泊施設もあるが、それ以外の地域では全く見られないメニューである。

酷似した料理として、大阪風トルコライスが存在するが、エスカロップの成立事情(元々ライスでなくスパゲティがベース、考案したシェフは横浜で修行した人物であることなど)から関連性は薄いものと見られる。
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-02 15:46 | ☆北海道の郷土料理
<< スープカレー(Soup Curry) ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき) >>
トップ