南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エアバス(Airbus S.A.S.)
エアバス(Airbus S.A.S.)もしくはエアバス・インダストリー社は、ヨーロッパの国際協同会社。本社はフランス・トゥールーズ。
e0065268_14433272.jpg

概要
ジェット旅客機時代になり開発費の高騰などから、ヨーロッパの既存の各社が単独では、アメリカの航空機メーカーであるボーイングやダグラス(マクドネル・ダグラス)、ロッキードへの対抗が難しくなったことから、フランスのエアロスパシアル(現EADS)と西ドイツDASA(現EADS)が共同出資し、1970年12月に設立され、中型機の製作に取り掛かった。これは後にA300となる機体で、イギリスのBAeとスペインのCASA(現EADS)も参加して4カ国体制となった。

完成したA300は、初めて作った旅客機のために信頼性がなかったので売上は非常に悪く、エアバスは膨大な赤字を抱えたが、フランスと西ドイツ政府の全面的な援助によって成り立っていた。新型機にはボーイングに対抗するため、次々に斬新なアイデアを機体に盛り込み、特色を出した。1988年に旅客機初のフライ・バイ・ワイヤー機であるエアバスA320が運航を開始したことなどから、「コンピュータ中心のコクピット」と言われることも多い。

A320以降、急速に売上を伸ばし、マクドネル・ダグラスを追撃する勢いとなり、それまで静観していたボーイングは危機感を覚えた。そのため、仏独政府に手厚く保護された体制を批判する強烈な非難キャンペーンを繰り広げた。エアバスもこれに反抗して、ボーイングが米国政府と一体となって売り込んでいる姿勢をあからさまに批判し、双方が裁判に持ち込むなど泥仕合となったが、エアバスが完全に株式会社化したことで、組織体制の非難合戦は収束した。

アメリカの大型ジェット旅客機製造メーカーが合併、統廃合の結果ボーイングのみとなったため(ロッキードは1984年に旅客機から撤退、マクドネル・ダグラスは1996年にボーイングへ吸収された)、現在、世界で大型旅客機を製造しているのはボーイング、エアバスの二大メーカーだけとなっているが、1999年にエアバスは販売数でボーイングを追い抜き、差を少しずつ広げている。

民間向け製品
エアバス社の製品群は世界初の2列通路、双発航空機「A300型機」から始まった。A300型機の短胴型はA310型機と知られる。西ドイツとフランス政府の全面的な支援を受けたエアバス社は、革新的なフライ・バイ・ワイヤー制御システムを備えたA320型機の計画を立ち上げた。A320型機はすばらしい商業的な成功をおさめる。A318型機及びA319型機はビジネスジェット機需要のために後になって制作された短胴派生型である (エアバス・コーポレイト・ジェット)。延長型はA321型機として知られボーイング737型機の後期モデルと競争をする事になる。

長距離路線向け製品である、双発A330型機及びA340型機はウイングレッドによって強化された有能な翼を備えている。エアバスA340-500型機はボーイング777-200LR型機 (航続距離17,446 km か 9,420マイル) に次いで商業ジェット機で2番目に長距離である、13,921 km (8,650マイル) の航続距離を持っている。 
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-01 14:44
<< ミシュラン(Michelin) トゥールーズ(Toulouse) >>
トップ