南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
夢(ゆめ)
夢(ゆめ)とは、睡眠中に、実際には起こっていないことが、起こっているかのように感じる現象・または将来に対する希望・願望を指す。
e0065268_1475869.jpg

睡眠中に「見る」夢
睡眠中において、あたかも目前で起きている・または体験しているように感じる現実ではない知覚現象を指して「夢」という。この現象は人間だけでなく、犬や猫などの身近な動物も夢を見るとされ、また動物に対する脳波の測定等でも睡眠中に本来は何も感じていないはずの脳が活動している・その活動に触発されて反射運動がみられる事が確認されている。

感覚をともなう夢
夢は人によって白黒となったりカラーになったりするという報告もある。普段から色に興味を持って過ごしている人はカラーの夢を見やすいといわれている。また、男性より女性の方がカラーの夢を見やすいといわれている。一説には夢は白黒の映像として視覚に投射されるが、それを知覚する脳が勝手に経験上適切な色を配していると云われており、特に色に敏感な人が、白黒映画を見た際にも、色を感じたとする報告もなされている。同様に映像だけではなく、聴覚・触覚・味覚・嗅覚においても何かを感じたとするケースも聞かれるが、痛覚だけは夢で感じる事は極めて稀(殆ど聞かれない)とされる。どの感覚に影響を受けるかは、人によってまちまちである。

通常、夢を見ているときには自分で夢を見ていると自覚出来無い事が殆どで有る。即ち、起きないと夢で有る事が分からない。然し、これを自覚している場合は、明晰夢と呼ばれ、夢の内容をコントロールすることも可能であると言われる。

なお夢には時間的軸が存在しないといわれる。これは夢の中では主観時間でのみ知覚しているためだとも言われていおり、目が醒めた時に記憶されている夢の多くは覚醒前20分以内に見た物とされているが、夢の中では数時間~数日に感じたというケースも多い。その一方で、寝ながらの肉体が感じている何等かの感覚が夢に影響する事が知られており、寝ている人の顔にほんの短時間、ハンカチを被せた所、夢の中で何度も面を押し付けられる目にあったという報告もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-10-01 14:08
<< 明晰夢(めいせきむ) ジャストシステム勝訴—知財高裁 >>
トップ