南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
陶磁器(とうじき)
陶磁器(とうじき)は、土を練り固め焼いて作ったものの総称。セラミックの一種で、瀬戸物(せともの)とも呼ばれる。焼き方や用途や生産地などから数多く分類される。
e0065268_15181753.jpg
e0065268_15194385.jpg


分類
土器
赤土を700~900度で焼いたもの。釉薬(うわぐすり、またはゆうやく)はつけないが、彩色されているものを土器と呼ぶことがあり、その場合は、その彩色具を釉薬としないことを前提としている。気孔が多く残っているため、吸収性が高い。また、脆くて壊れやすい。日本では縄文式土器や弥生式土器が有名である。

炻器
せっきと読む。焼成温度は1200~1300度。「焼き締め」ともいう。施釉はしないが焼成において自然釉がかかるものがある。また焼成において火襷(ひだすき)、牡丹餅などの模様が偶然ときとして作為的に現れることがある。原料に鉄を多く含んでいるため、赤褐色か黒褐色をしている。軽く打つと澄んだ音がする。吸水性はほとんどない。代表例は備前焼や常滑焼など。

陶器
カオリナイト(カオリン)を含まない粘土を原料とし、1100~1300度で焼いたもの。釉薬を用いる。透光性はないが、吸水性がある。厚手で重く、叩いたときの音も鈍い。粗陶器と精陶器に分けられる。伊賀焼や大谷焼などで知られている。

磁器
長石が主成分を成している磁土を原料とする。不純物の少ない良質な原料を使う。焼成温度は1300~1500度で、釉薬を使う。磁器が発明されたのは11世紀の北宋と言われている。半透光性で、吸水性がない。また、陶磁器の中では最も硬く、軽く弾くと金属音がする。焼成温度によって軟質磁器と硬質磁器に分けられる。有田焼(伊万里焼)や九谷焼などがある。英語では、産地名をつけた場合は、陶磁器共通に(産地名+)wareと言うが、磁器自体を指す場合は、porcelainという。

世界の主な陶磁器産地
フランス
セーヴル焼
リモージュ焼
イギリス
ウェッジウッド (Wedgewood )
エインズレイ (Aynsley )
イタリア
トニャーナ(Tognana)
リチャードジノリ(RICHARD-GINORI)
デンマーク
ロイヤルコペンハーゲン (Royal Copenhagen )
ドイツ
ベルリン王立磁器製陶所 (KPM Berlin )
マイセン(Meißen)
中国
江西省景徳鎮
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-30 15:20
<< 阪神タイガース、2005年度セ... 学び(まなび、英 learni... >>
トップ