南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
傲慢(ごうまん)
傲慢(ごうまん)は人間の精神状態の一つ。キリスト教の七つの大罪の一。

傲慢は自尊心が極めて高くなり、他人を馬鹿にして、他人の言葉を受け付けなくなる状態。

キリスト教
キリスト教では自尊心(或いは虚栄心vanity)は、自分の能力に対する過信(それは、神の恩恵を理解する上でのさまたげとなる)を意味する。傲慢は誰もが持っている罪と啓示している。

英語での「傲慢」は、自尊心を拒否するよりも、遂行を喜び、屈辱にあうことを拒否する肯定的な感覚をさらに持っている。フランス語では、fierté(自尊心)とorgueuil(虚栄心)といったように、いくつかの言語は、傲慢を二つの意味に区別する。

傲慢(Arrogance)は自尊心よりもさらに独断的なという意味をもつ。傲慢な人は自分の能力や価値に自信過剰であるのみならず、それを示し見下すための自分より「劣った」人々を積極的に探す事が多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-29 19:39
<< 自尊心(じそんしん) 「DISCO-ZONE~恋のマ... >>
トップ