南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
エキサイトブックス
検索










Blogランキング

以前の記事
南仏プロヴァンス | 要望・お問い合わせ
ストレス(stress)
ストレス(stress) とは生物にとっての何らかの刺激のことを言う。またその範囲は広い。主に物質的な刺激の事をいうが心理的な意味も含まれる(暑さ、寒さ、痛み、生理的物質への反応、怒り、苦しみ、など)。
ストレスが存在すると生体は各種ストレスホルモン分泌を増加させストレスに対する防衛機構を働かせる。この反応が強すぎると適応不全症候群を引き起こす原因となる。

関連する項目1
アドレナリン (adrenaline)
アドレナリン (adrenaline) (英名:アドレナリン、米名:エピネフリン)とは、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3。

ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。

アドレナリンの作用
敵から身を守る、あるいは獲物を倒す必要にせまられる状態に相当するストレスによって、全身の器官に以下の作用を引き起こす。

運動器官への血液供給増大を引き起こす反応
心筋収縮力の上昇
心、肝、骨格筋の血管拡張
皮膚、粘膜の血管収縮
消化管運動低下
呼吸におけるガス交換効率の上昇を引き起こす反応
気管支平滑筋弛緩
感覚器官の感度を上げる反応
瞳孔散大

関連する項目2
ノルアドレナリン
ノルアドレナリン(独 noradrenalin,英 noradrenaline) は米国ではノルエピネフリン(Norepinephrine)として知られ、 化学式C8H11NO3のカテコールアミンにしてフェネチルアミンである。 ホルモンとして副腎から血液に放出される。 'ストレス・ホルモン'の1つであり、衝動性(impulsivity)によって制御されている人間の脳の部分に影響する。 アドレナリンと共に、この化合物は闘争あるいは逃避反応を生じさせて、 心拍数を直接増加させるように交感神経系を動かし、脂肪からエネルギーを放出し、筋肉の素早さを増加させる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
by dcb0322 | 2005-09-20 22:16
<< セロトニン 時計(とけい) >>
トップ